食と健康 ホントの話

減塩食を美味しくする「箸」を近く実用化へ キリンHDと明治大学・宮下芳明教授の研究室が開発2/2ページ

具体的には、40~65歳で現在減塩をしている、または過去にしていた経験のある男女36人を対象に、微弱な電気刺激が付与される箸型デバイスを用いて、一般食品を模したサンプル(食塩を0・80%含有するゲル)と減塩食を模したサンプル(食塩を0・56%含有するゲル、食塩含有量は一般食品を模したサンプルとの比較で30%低減)を試食した後、感じた塩味強度について評価する試験を行った。

その結果、減塩食を模したサンプルを試食するときに、開発した電気刺激波形を箸型デバイスに付与することで、電気刺激を付与しない条件と比較して、塩味が1・5倍程度増強される結果が得られた。また、電気刺激を付与したときの減塩食を模したサンプルの塩味強度は、一般食品を模したサンプルと同等であることを確認。これにより、食塩を30%低減した食品を摂取する際に、本技術を搭載したデバイスを用いると通常の食事と同等の塩味を提供できることが示唆されたという。

また別に、減塩味噌汁を用いた実験をしたところ、塩味の増強効果が確認され、コクやうま味、全体のおいしさの向上を感じたという意見が得られた。宮下教授は、塩味が濃く感じられるメカニズムを次のように説明する。

「人間は、食べ物に含まれるナトリウムイオン(Na+)が舌につくことで塩味を感じます。味噌汁に口をつけ、汁に浸かったお箸から微弱な電気を流すことで、Na+を一時的に舌から離します。そして電気を反転すると、Na+が一気に舌に押し寄せます。これがお箸を使うたび繰り返されることで、塩分を足すことなく塩味を通常より強く感じる、という仕組みです」

今後はさらに研究・改良を進め、来年か再来年の実用化を目指しているとのことだ。 (医療ジャーナリスト・石井悦子)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  2. 〝第7波襲来〟か 東京でコロナ感染倍増、全国でも1・8倍のハイペース 観光支援の先送り示唆 問われる政府と自治体の姿勢

  3. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  4. 【日本の解き方】歴史的転換期迎えたNATO、中国とロシアへの懸念を明示 北大西洋地域を超え「アジア版」に拡大する戦略も

  5. 大谷vsアルバレス〝一騎打ち〟球宴最終投票スタート メジャー最大注目、DH部門の行方 スター性では大谷に軍配

  6. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  7. 45年ぶりにギター持ち主へ カナダで盗難、日本で発見 ロックバンド「ゲス・フー」の元メンバー「一度はあきらめた夢がかなった」

  8. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  9. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  10. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】闘病生活の根津甚八を引っ張り出し…涙なくして語れない、一度限りのスクリーン復帰 「GONIN/サーガ」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ