桂春蝶の蝶々発止。

危険球で一発退場! 吉野家元常務の「生娘がシャブ漬け」不適切発言  笑い取ろうと欲が出て…クソすべり2/2ページ

ところが、伊東氏は球のキレもなく、コントロールも悪く、あまつさえ投げたところが頭部危険球で一発退場(=解任)となってしまったわけですな。ネタの選択、言い回しが悪すぎます。

伊東氏が本気で「生娘をシャブ(薬物)漬けに」と考えていたとは思えません。問題の根本は、話術の質なんですよ。そして、社会人として、特に有名企業の役員として、人権・ジェンダー問題への意識もなかった。

この問題以降、どの会社もリスクヘッジのため、「人前で話すときは、もう冗談とか一切言うな。真面目なこと言ってサラッと降りてこい」という常識に切り替わってしまう気がします。それくらい笑いというのは難しいし、リスクが付きまとうものなんです。

だって、プロの噺家だって余計な一言で、お客が「ドン引き」なんてザラにあるんですもの。素人となれば、より難しいですよ。

こんな小噺があります。

風俗好きな2人の男が立ち話…。

「昨日久しぶりに嫁とエッチして、風俗帰りのいつもの癖で…2万円出してしもたんや」

「え! 嫁怒ったやろ?」

「いや…どういうわけか、嫁が2000円釣りをくれたんや」

この小噺は面白いけど、たいてい客は引くんです。ね? オモロいだけでもアカンのです。TPOとか時代を読めないと噺家も一発退場になってしまう世の中です(苦笑)。

■桂春蝶(かつら・しゅんちょう) 1975年、大阪府生まれ。父、二代目桂春蝶の死をきっかけに、落語家になることを決意。94年、三代目桂春団治に入門。2009年「三代目桂春蝶」襲名。明るく華のある芸風で人気。人情噺(ばなし)の古典から、新作までこなす。14年、大阪市の「咲くやこの花賞」受賞。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】有名人一騎打ちの長野選挙区 自民・松山三四六氏に「文春砲」「新潮砲」炸裂! 立民・杉尾秀哉氏は「ノーコメント」 夕刊フジ記者がW直撃

  2. 巨人・坂本勇人に〝異変〟 2試合連続で途中交代 「正常ではない」状態続けばコンバート加速も

  3. 中露また威嚇行動 ロシア海軍艦、沖ノ鳥周辺に出現 中国海警局船、尖閣周辺での領海侵入は3日連続

  4. 【日本の解き方】「サハリン2」めぐる大統領令とロシア国債デフォルトは同じ現象だ 大きくなる専制国家のカントリーリスク

  5. 南北間の悲惨な事件「死の漂着」が文在寅氏を追い詰める 〝従北・左翼〟韓国前政権の「非人道性」が白日の下に フィクションでもファンタジーでもない事実

  6. 【日本の選択】麻生太郎氏と泉健太氏の発言を考える 絶対的に誤ってるとは言えない「弱肉強食」の認識 「どんな時でも対話」は単なる空理空論か

  7. 【アイドルSEXY列伝】片瀬那奈 変わらない明るさと衰えない美貌 死屍累々の有名人YouTubeも…頑張ってほしいフリーランスで奮起する40歳

  8. 【高須基一朗の“瞬刊”芸能】「ウンジャラゲ」復活の日 田中聖の再逮捕で「田代まさし」が急浮上 いまや何がきっかけで過去が掘り返されるか予想できない

  9. 【2022年夏・参院選】あるぞ、大どんでん返し!東京・大阪〝14激戦区〟 優勢の自公与党、野党も必死の巻き返し ピンチの現職が相次ぎ鬼気迫る訴え

  10. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】表現のタブーの限界に挑戦した〝本気のSM〟 杉本彩が週刊誌を席巻「花と蛇」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ