渦中の白井審判登場に球場どよめきも…阪神「それどころじゃない」 タイムリーなし、泥臭い白星で今季2度目の2連勝1/1ページ

白井審判は三塁・佐藤輝の後ろで目を光らせた=27日、甲子園
白井審判は三塁・佐藤輝の後ろで目を光らせた=27日、甲子園

歴史的低迷から脱出しつつある矢野阪神が27日の中日戦(甲子園)でタイムリーなしの泥臭い白星で今季2度目の2連勝。前回19日DeNA戦で5回途中5失点の背信投球でKOされた先発の西勇輝(31)が6回1失点、2年ぶりの10奪三振の力投で意地をみせた。

4回に糸井嘉男外野手(40)の凡ミスでチーム23年ぶりの三重殺を喫するなど嫌な流れになったものの、糸原健斗内野手(29)の2度の内野ゴロの間に得点。矢野燿大監督(53)は「きれいな点の取り方じゃないけど、逆にこういう取り方も少なかった。ある意味、いい攻撃ができた」と振り返った。

この日は試合前から異常な盛り上がりをみせていた。〝朗希騒動〟の渦中にいるあの人の姿があったからだ。

24日のオリックス対ロッテ戦(京セラドーム大阪)でボール判定に不服そうな態度をしたロッテ・佐々木朗希投手(20)に威嚇しながら詰め寄った白井一行審判員(44)が登場。試合開始前の審判の発表で「三塁、白井」とアナウンスされると、スタンドからどよめきの声があがったのだ。

NPBには「相当数」の批判の声が届くも〝おとがめなし〟となった白井審判は、騒動後初の試合。観客の視線が注がれたが、試合では見せ場はなく無事終了した。球審は前日の一塁塁審が務めるため、28日までの今カードで白井審判が球審を務めることはない。

阪神の球団関係者は「ウチは白井さんどころの状態じゃない。何にも気にはならなかった」と話していたが…そらそうか。 (岩崎正範)

zakスペシャル

ランキング

  1. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 【日本の核戦略】核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論

  4. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  5. 【小池百合子 強く、そしてしなやかに】若者に浸透した安全保障のリアル 「ウクライナ侵攻」で脅かされる食料、エネルギー…自然災害にも目

  6. ビニ本販売で「まんだらけ」摘発 「芸術としてのエロスと捉えていた」社長ら5人書類送検、1440万円売り上げ 昨年には風営法違反も

  7. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  8. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  9. 阪神、佐々木朗希に“エース回避作戦”大成功 負ければ自力V消滅の可能性もミラクル起こす セ・パ交流戦

  10. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か