高須基一朗の“瞬刊”芸能

取材を受けてくれない…〝暴れん坊〟ミルコ・クロコップに学んだ格闘技スターのインタビュー2/2ページ

その後、私は格闘技専門誌の編集長に就任し、幾度かミルコにインタビューする機会を得た。スター街道を突き進んでいたが、精神的にも若さが目立ち、やんちゃな印象で、わがまま放題。取材をしっかりと受けてくれない選手であり、悩ましかった。

一方、取材を通じ紳士だと感服したのは、フランスのジェロム・レ・バンナ(49)だ。最初に会ったとき、手土産に彼が大好きなブルース・リーのグッズを持参した。好印象を持って覚えてもらったようで、以降は、「土産は持ってきたのか」と、気さくに雑談からスタートして格闘技の話をしてくれた。

日本では、武蔵(49)も、「K―1」を盛り上げ、見出しが立つように意識してくれた。魔裟斗(43)や小比類巻貴之(44)ら70キロ前後の選手が活躍すると格闘技人気は再び活性化して、約3年の間で100人以上の格闘家のインタビューを積み上げることができた。

ミルコは、あえてリング内外で〝悪役〟を演じてくれたのか、今では、あの苦い記憶を妙に懐かしく感じている。あの経験があったからこそ、有名アスリートや芸能人と接する際に、何が起ころうとも動じることがなくなった。鍛えてくれたミルコには感謝している。

■高須基一朗(たかす・もといちろう) 出版プロデューサー。父・高須基仁の下で、数多くの有名芸能人のヘアヌード撮影の現場進行を経験。代表作には、アントニオ猪木『人生のホームレス』、ミス・ユニバース『食べるフィットネス』など。格闘技雑誌の編集長などを経て、一昨年6月、福田明日香の大胆なファースト写真集『PASSIONABLE』をプロデュース。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  2. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】闘病生活の根津甚八を引っ張り出し…涙なくして語れない、一度限りのスクリーン復帰 「GONIN/サーガ」

  3. 朝ドラヒロイン候補に森七菜と上白石萌歌が急上昇 小芝風花や今田美桜の名前も 「ブギの女王」歌手・笠置シヅ子がモデル、来秋スタート『東京ブギウギ』

  4. 【日本の選択】参院選、与野党とも緊張感が欠けているのでは 「野党の話は聞かない」山際再生相の発言、旧態依然の「憲法9条論」語る護憲派野党

  5. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  6. 大谷vsアルバレス〝一騎打ち〟球宴最終投票スタート メジャー最大注目、DH部門の行方 スター性では大谷に軍配

  7. 【日本の解き方】歴史的転換期迎えたNATO、中国とロシアへの懸念を明示 北大西洋地域を超え「アジア版」に拡大する戦略も

  8. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  9. よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」

  10. 高級車購入で注目の芸能人 SNSで報告もアンチコメントに悩む中尾明慶 再生回数狙いキャッシュで支払おうとするチョコプラ長田

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ