いざ!幸福維新

日本はロシアとの友好の道を残せ 最大の脅威は中国共産党政権 安易に欧米に追随して敵対視…「亡国の選択」か2/2ページ

しかし、岸田文雄政権はロシアに厳しい経済制裁を科し、石炭などの禁輸にも踏み切りました。ウクライナに向け、防弾チョッキや防護服なども送っています。

日本は、米国、英国、オーストラリアの安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」に参加を打診されたとする一部報道もありました。これは「アジア版NATO」とも言えるものです。

あくまで「対中包囲網」を敷くための枠組みであればよいのですが、将来的にはロシアと対峙(たいじ)する可能性もあります。現在の状況でオーカスに参加すれば、日本が「戦場」になることもあり得ます。

私たちは「自由・民主・信仰」が政治の基本原則だと考えます。プーチン氏はロシア正教を復活させた信仰心の篤い人物です。政党登録要件の緩和や、(所得税率が一律である)フラット・タックスの導入など、政治や経済における自由化も進めており、この点、中国の習近平国家主席とは違います。

日本がこのまま安易に欧米に追随してロシアを敵対視し、国際社会で孤立させることは、中露接近を招きます。これはまさに「亡国の選択」だと言えます。やはり、ロシアは対中包囲網に入れるべきなのです。

岸田政権には「主敵」はあくまで中国だという視点を忘れることなく、現実を直視し、ロシアとの間合いの取り方を冷静に考えてほしいと思います。

そのうえで憲法9条の抜本的な改正や「非核三原則」の見直しを一刻も早く行い、自国を断固、守り抜く体制を整えてほしいと考えます。 (幸福実現党党首・釈量子)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 日本との関係改善の前に韓国は「竹島侵略」の謝罪と償いを ルール無視継続なら「経済制裁」辞さず 大原浩氏が緊急寄稿

  2. 紅白出場の人気女性歌手に薬物疑惑 コロナ禍、クスリにハマる芸能人が増加 「激やせ」がネット上で話題になることも

  3. 【沖縄が危ない!】「基地反対」叫ぶだけでは平和は来ない! 厳粛な慰霊の場を政治利用するな 来賓の岸田首相が登壇すると「帰れ」「辺野古の海を守れ」と罵声

  4. 【2022年夏・参院選】愛媛選挙区 立民・高見知佳氏、自民現職の閣僚経験者・山本順三氏と一騎討ち 元女子アナ議員が支援にフル稼働

  5. 新興勢力が〝ユニークな選挙戦〟 「ガーシー」はショート暴露、「ごぼうの党」は天狗の面で独特な方針示し SNS、政見放送を駆使

  6. 【エロス&バイオレンスの極み 石井隆の世界】出会った男たちを狂わせる主人公の名美 主演を境に俳優として開花した竹中直人 「天使のはらわた 赤い眩暈」

  7. 【列島エイリアンズ】カモられる外国人編(4) 入管法の違反行為を堂々とアドバイス…事実と異なる業務で就労ビザ申請 面接企業のサクラも要請

  8. 【芸能ニュース舞台裏】田中聖容疑者は「第二の田代まさし」か 「売人はあの手この手で接近…」社会復帰後が〝クスリ断ち〟の試練のとき

  9. NHKドラマ、リアルよりファンタジーが主流に?“死者復活”のテーマも登場

  10. 元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ