文政権から30人監獄行きも 検察の「捜査権剝奪」法案で大荒れの韓国 検事総長が辞表を提出、国民からも批判 識者「民主主義へのテロ」1/2ページ

検察と敵対してきた文大統領(AP)
検察と敵対してきた文大統領(AP)

韓国の国会で検察の捜査権を完全剝奪する法改正をめぐって大混乱している。退陣まで10日余りの韓国・文在寅(ムン・ジェイン)大統領周辺など捜査逃れの意向もうかがえ、野党側や国民、識者らは反発の嵐だ。〝文在寅保護法案〟と揶揄(やゆ)される法案が駆け込み成立しても、「政権関係者の大量監獄行きは避けられない」との見方もある。

左派系与党「共に民主党」が国会提出した改正法案は、検察の捜査権を段階的に廃止し、捜査範囲を汚職・経済分野のみに大幅に縮小、制限するというもの。「韓国版FBI」と呼ばれる「重大犯罪捜査庁」を新設し、検察から剥奪した捜査権を移管するという。

韓国の検察は、政権末期には現職大統領や家族を標的に捜査し、新政権が発足すれば過去の政権の不正を捜査することで、歴代大統領の多くは悲惨な末路をたどった。今回も文氏周辺や、大統領選で敗れた李在明(イ・ジェミョン)元京畿道(キョンギド)知事周辺の疑惑が浮上している。

与党内には、法改正できなければ「文政権の青瓦台(大統領府)の人物20~30人が監獄に行くことになりかねない」という危機感があるという。共に民主党を離党し無所属となった梁香子(ヤン・ヒャンジャ)議員が、朝鮮日報(日本語電子版)のインタビューで明かした。

法改正には検事総長が辞表を提出し、全国の捜査官らから「『犯罪者天国法案』をつくろうとしている」との批判も飛び出した。世論調査会社の韓国ギャラップが22日に発表した世論調査でも、検察の捜査権を「そのまま維持するのがよい」が55%だった。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】岡山選挙区は大波乱!? 自民党現職の小野田紀美氏が公明党の推薦を受けず 「それぞれ自由にやるのが自然」とツイッター投稿

  2. すり寄る韓国を突き放し、首脳会談を日本側が拒否 徴用工訴訟、慰安婦問題など具体的な解決策なく

  3. G7首脳会議 岸田首相は対中結束呼びかけ 中国の不穏な動きに「ウクライナは『明日の東アジア』かも」 軍の情報収集艦が日本列島を周回

  4. エンゼルス大谷が〝大乱闘〟参戦でとった行動は!? 死球の応酬から殴り合い…両軍監督含む8人が退場 ネットでは「ボディーガード一平」の声も

  5. 首都圏M8級「3要因」 熊本で震度5弱 南海トラフ地震の「最終段階」と専門家指摘 能登と不気味な共通点

  6. 巨人、球団史上最速の〝自力V消滅〟 勝負手が全て裏目に…Bクラス転落の危機迫る

  7. ツアー初優勝の木村彩子は〝豪快女子〟 愛車はマセラッティ、賞金5400万円で「BMW M8」購入予定!?

  8. 【幸せおじさん製造所】増える「女性向け風俗」 ただの性的欲求の解消だけではなく…人それぞれの「理由」

  9. 【2022年夏・参院選】激戦!有名候補も危ない!? 首都圏・近畿圏13選挙区当落 東京、残る1議席を争う3氏 政治評論家・有馬晴海氏が情勢分析

  10. 熱中症死亡者の過半数が「家庭」で発症 大半は「エアコンを使用していない」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ