たるんだカラダを整える食・薬・習・慣

ステップ4 アンチエイジング 間食や甘い飲み物をセーブ 糖質オフ&食卓にナッツ・魚介類1/2ページ

クルミなどナッツ類、アジなどの青魚、シジミなど魚介類を上手に採り入れよう
クルミなどナッツ類、アジなどの青魚、シジミなど魚介類を上手に採り入れよう

長かった自粛生活で、こんな声を多く聞きます。「太りやすくなった」「湿疹ができはじめた」「オイリー肌になった」「抜け毛が増えた」「気分が落ち込みやすい」「顔がたるんだ」「体臭がきつくなった」「イライラしやすくなった」「集中力がなくなり、忘れっぽくなった」…。こうした外見や頭の回転に支障をきたしていないでしょうか。

いつまで続くかわからないマスク生活ですが、対抗するには環境の変化を待つのではなく、自らが変わらなければなりません。何も手を打たなければ、どんどん老け込んでしまうことでしょう。

ということで、今日はステップ4としての「アンチエイジング」に役立つ、簡単なタスクを紹介していきます。続けられそうなものがあれば、ぜひ習慣化してくださいね。

■今日のタスク

(1)その場でジャンプ30回

今日は、その場で思いっきり高く30回ジャンプしてみましょう。

運動不足の人は体の衰えを実感するかもしれません。簡単な動きですが、全身の筋肉を使うことになります。また、着地のタイミングで上半身と下半身のバランスをとろうとするため、体幹を鍛えることができます。道具もスペースもいらないので、さっそく飛んでみましょう。

(2)間食をセーブ

今日は間食や甘い飲み物をセーブしてみましょう。

集中力が切れたとき、眠くなったとき、冷蔵庫の前を通過したとき、コンビニエンスストアに立ち寄ったとき、口臭が気になるときなどに何か間食や甘い飲み物を摂取してはいないでしょうか。

たまにならよいですが、常習性があるようでだと、肥満、老化、肌トラブル、生活習慣病、集中力の低下などにもつながります。今日は試しに間食をやめてみませんか。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【日本の解き方】中国が失う〝成長のエンジン〟 民主主義国と切り離し進み…日本でのインフラ投資困難に

  2. クアッドに対抗策あるのか 中露の爆撃機計6機、日本海・東シナ海・太平洋を共同飛行 「国民レベルの意識改革が必要」識者

  3. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  4. 数万件のウイグル内部資料が流出 習主席が収容施設の建設を指示、共産党幹部による「逃げる者は射殺せよ」と命じた記録も

  5. 取り戻した4300万円、凄腕町側弁護士の裏技 捜査の手が及ばないよう〝手切れ金〟として全額返金された可能性も 誤送金問題

  6. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  7. SNSに「大麻」の影 誤送金4630万円詐取の田口容疑者 投稿に「マンチ」など隠語が点在 周辺から「まじめ」と語られるも

  8. 巨人・原監督「今季85勝」のノルマ 通算1181勝で星野仙一氏と並び歴代10位タイ 須藤豊氏は愛の苦言「辛抱が足りない!」

  9. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】「AL―MAUJ」誕生の真実 シングル化が遅れ…佐藤さんのアルバムに 「『難破船』に続いてまたカバー曲か」は正直心外

  10. 水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か