ジャニーズなのに〝いじられキャラ〟菊池風磨 見ている側が驚くサービスぶり…ドラマやバラエティー、CMに引っ張りだこ1/2ページ

アイドルグループ、Sexy Zoneの菊池風磨(27)がアイドルらしからぬ立ち回りでドラマやバラエティー、CMにと引っ張りだこになっている。一見やんちゃそうなルックスながら、ドッキリにしかけられるわ、オチになるわといういじられキャラが人気を集めているようだ。

先ほど行われたビールメーカーのイベントに、同じグループの中島健人(28)と登壇した菊池は、集まった報道陣を気の利いた受け答えで笑わせるサービスぶりで、人気の片鱗(へんりん)をのぞかせた。

「セクシーキャラの中島をたてて、自らはオチに徹していました。イベントの雰囲気をうまくコントロールしていましたね」とスポーツ紙記者も感心する。

嵐に憧れて、中学2年生でジャニーズに入所し、早くからジャニーズJr.内のユニットに選抜されてきた。2011年、Sexy Zoneのメンバーでデビューした。そんな菊池が注目されたのが「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」(フジテレビ系)だ。

「水に溶ける水泳パンツでお尻が丸出しになるなど、アイドルとしてはギリギリのドッキリに『許せない』と叫ぶのが定番になりました。見ている側が驚くほどのサービスぶりです。人の良さと、ここまでやってくれるんだという頼もしさでタレントとしての幅が一気に広がりました」と話すのは大手芸能事務所のベテランマネジャーだ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  2. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  3. 【日本の解き方】日銀は金利上昇を容認するか 「売り仕掛け」には負けないが、非常識人事で内部崩壊懸念も

  4. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】テレビの「存在感」が大きく変化 街頭からスマホの時代へ

  5. ヤクルトの強さとは…古田敦也氏を直撃! 盟友・高津監督はどう変わったのか 三冠王も視野の「村上宗隆はもう抑えられないよ」

  6. 中露艦による尖閣「航行の恫喝作戦」常態化 6年ぶりの「連携」で接続水域に侵入 「ならず者連合さながら」で問われる「日米台の連携」

  7. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  8. 【2022年夏・参院選】高市氏が〝猛ゲキ〟大混戦の東京選挙区 生稲氏に強力援軍、聴衆の笑い誘いつつ「議席増やせるか瀬戸際」 松野官房長官は防衛力強化をアピール

  9. 【アイドルSEXY列伝】樹まり子 3本だけで引退するつもりが…「お願いされると断れない」救いの女神 ギャラの総額を聞いて驚愕

  10. 【2022年夏・参院選】「岸田インフレ」猛批判の立憲・泉代表 「生活安全保障」訴え「選挙結果次第で代表交代論浮上も…まさに正念場」伊藤氏

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ