新人選手が松戸競輪でプレデビュー1/1ページ

塩崎隼秀
塩崎隼秀

競輪ルーキーシリーズ2022が松戸競輪場で30日から3日間の日程でナイター開催される。男子121期、ガールズ122期が7月本デビューを前に同期対決を観客の前で披露する。男子の注目は在所1位の塩崎隼秀(愛媛)、ガールズは卒業記念レースを制した畠山ひすい(北海道)だ。

塩崎は卒記レースに「濃厚接触者になってしまって」参加できなかった。「走りたかったけど仕方ないです」。その分までしっかり練習して今回に備えてきた。

自転車競技をやっていた高校時代に国体の強化指定選手に選ばれ、プロ競輪選手と一緒に練習する機会があった。「プロはものすごく強くて憧れた」と競輪選手を目指すことにした。養成所には「1回目は一次、2回目は二次試験で落ちて」3回目で合格した。しかし入ってしまえば「養成所は思ったよりもつらくなかった」と涼しい顔だ。「養成所を出てしまえば関係ない。気にしていない」と在所1位の成績にもあぐらはかかない。

将来は「お客さんが見て面白いと思ってもらえるような選手になりたい」。松浦悠士(広島)、郡司浩平(神奈川)のように何でもこなせる選手を目指している。121期は早期卒業2人がすでに活躍しているが「いつかは追い越したい」と目を光らせる。

卒記レースを圧倒的な強さで逃げ切りVの畠山は「先行しかしてこなかったから先行するだけ」とプレデビュー初戦も先行にこだわる。予選1・6Rは「多分、渡部さんと先行争いになるでしょうね。彼女も養成所でずっと先行してたから」との見立て。叩き合いを制して1着を目指す。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  4. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  5. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  6. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  7. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  8. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  9. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  10. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏