縦読み型漫画で〝若者市場〟開拓へ スマホに適したウェブトゥーン本格参入 集英社と小学館が専門部署設立、KADOKAWA約160作品投入へ1/2ページ

KADOKAWAの縦読み型漫画の新レーベル「タテスクコミック」の作品。スマホ画面上では左右の列がひとつながりに表示される(c)Nakatani Nio
KADOKAWAの縦読み型漫画の新レーベル「タテスクコミック」の作品。スマホ画面上では左右の列がひとつながりに表示される(c)Nakatani Nio

大手出版社がスマートフォン向けの縦読み型漫画「ウェブトゥーン」の制作に本格参入する。集英社と小学館が専門部署を初めて設立、KADOKAWAは2022年度に約160作品を投入する。ウェブトゥーンは見開きの紙面を想定した従来型の漫画に比べ、小さなスマホの画面でも読みやすい。若者の人気を集めており、新たな市場を開拓する。

集英社は3月下旬にウェブトゥーン専門の編集部署を設立した。これまで実験的に制作を重ねてきたが、態勢を強化する。小学館も昨年10月に専門部署をつくり、今夏をめどに10作品を漫画アプリで公開する予定だ。

ウェブトゥーンは4こま漫画のように、こまを縦方向に一続きで並べており、スマホで軽快に読み進められる。全面カラーのため、従来型の漫画に比べ制作にコストや手間がかかる。小学館の鳥光裕チーフプロデューサーは「(集団分業体制の)制作スタジオを内製化し、迅速かつ安定的に作品を作りたい」と話した。

大手ではKADOKAWAが先行する。昨年8月に新レーベル「タテスクコミック」をつくり、22年度に投入する作品数は前年度の2倍超となる。青柳昌行執行役員は「漫画にあまり関心がなくても、ウェブトゥーンなら読む若者は少なくない」と語る。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】京都選挙区で福山氏VS前原氏、かつての〝盟友〟が火花! 旧民主党&松下政経塾の先輩後輩がなぜ 両氏を直撃取材

  2. 元「KAT―TUN」田中聖容疑者を逮捕 覚醒剤所持

  3. 元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」

  4. 猛暑で警戒「スマホ熱中症」 高温下の利用で端末に異常、故障や発火も 急な冷却NG、対処法は「10円玉」!?

  5. 【2022年夏・参院選】山形選挙区、自民と国民〝ドタバタ劇〟の後遺症は? 自民選対委員長のおひざ元 「山形方式」も足並み乱れ大内氏に好機

  6. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  7. コロナで死亡した人の多くは「敗血症」 早期認識と治療で重症化を防ぐ

  8. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  9. 「数百億円」男・佐々木朗希でロッテ観客動員増、広告効果大! 球団マーケティングで「ライト層」「若年層」増加が顕著

  10. 【2022年夏・参院選】大激戦の12選挙区、大物苦杯も!? 大阪は自民・松川氏と維新・高木氏、浅田氏が拮抗 東京は立憲・蓮舫氏のトップ当選は厳しい

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ