核使用なら「自殺行為」プーチン大統領演説、オデッサで大激突の危険性 NATO参戦招くと専門家指摘 第三次大戦の可能性「十分ある」1/3ページ

ロシアが発射実験を行った大陸間弾道ミサイル(ICBM)「サルマト」(ロシア国防省提供、ロイター)
ロシアが発射実験を行った大陸間弾道ミサイル(ICBM)「サルマト」(ロシア国防省提供、ロイター)

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、核兵器を「必要なら使う」と言い始めた。ロシア側は「第三次世界大戦」に言及するなど西側を威嚇する。ウクライナ東部と南部を支配し、5月9日の「独ソ戦・戦勝記念日」で戦果を誇りたいプーチン氏だが、軍の消耗は激しい。専門家は、核の使用は北大西洋条約機構(NATO)の参戦を招く「自殺行為」だと指摘する。

プーチン氏は27日の演説で、第三国がロシアに戦略的脅威を与えようとした場合は「電撃的で素早い対抗措置を取る」「ロシアは他国にない兵器を保有している。必要なら使う」と述べ、核兵器の使用を辞さない姿勢を示した。東部ドンバス地域の親露派支配地域とクリミアの安全確保は「必ず達成される」と自信をみせた。

セルゲイ・ラブロフ外相も25日に政府系テレビで、核戦争と第三次大戦の可能性は「十分にあり、過小評価すべきではない」と威圧する。

一連の発言について「警告だけではなく、本当に大戦に発展しかねない状況が迫っている」とみるのは筑波学院大の中村逸郎教授だ。

ロシア軍は東部ドンバス地域のほか、2014年に併合したクリミア半島と陸続きの南部の完全な支配を目指す。ウクライナの隣国モルドバからの独立を一方的に宣言している親露派地域「沿ドニエストル共和国」への接点をつくり、モルドバ国境に近いオデッサの制圧も視野に入れている。

オデッサは黒海に面する港湾都市で、軍港も存在する。昨秋には米海軍第6艦隊旗艦「マウント・ホイットニー」や、巡航ミサイル「トマホーク」を装備する米駆逐艦「ポーター」などが黒海に入域し、露海軍が監視を強めた経緯もある。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  2. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】俳優にとって一番の恐怖…体が動く限り続く〝終わりのないゲーム〟 お金や名声入るが気持ちは満たされない

  3. 韓国で早くも「反日」暴挙 林外相の訪韓中に竹島EEZで無断調査 地下構造や資源探査か 「尹大統領は決して“親日”ではない」

  4. ロシア“非人道兵器”使用か マリウポリの製鉄所に「白リン弾」降り注ぎ…プーチン大統領に重病説、追い詰められ残虐さ加速?

  5. 新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目

  6. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか

  7. “制裁金よりダメージ” 朗希への白井球審の詰め寄り問題以降、ロッテと関西審判団の深まる遺恨 井口監督とレアードも退場に

  8. エンゼルスの戦力ランク5位にUP! 大谷翔平が契約で求めたチームに変貌中 気になるのは同地区の最大のライバル、アストロズも絶好調

  9. 昨年10月頃から落ち込み激しく…上島竜兵さん急死、周囲は心配しケアも 行き当たる〝師匠〟志村けんさんの死去

  10. 【日本の解き方】「世界標準」になった金融政策、内外の安保環境も激変したが…進歩なき一部野党とマスコミ