青森競輪GⅢ縄文小牧野杯・世界のカワバタがGⅢ初優勝1/1ページ

河端朋之
河端朋之

青森競輪場で開催された「第4回施設整備等協賛競輪in青森 縄文小牧野杯」(GⅢ)は最終日の1日に決勝が行われ、河端朋之(岡山)が豪快にまくってGⅢ初優勝を飾った。阿竹智史(徳島)が2着に入って中四国勢が上位を独占し、3着は地元の新山将史(青森)。人気を集めた吉田有希(茨城)は完全優勝を狙ったが、8着に終わった。4日間の総売り上げは55億6787万2600円で、主催者が目標としていた50億円を大きく上回った。

レースは吉田-山岸佳太(茨城)-中田健太(埼玉)-武藤篤弘(埼玉)が後方から上昇して残り2周の赤板を迎え、前攻めの嵯峨昇喜郎(青森)-根本哲史(秋田)-新山が突っ張って打鐘へ。河端-阿竹が中団をキープしてHSに向かい、吉田は行き切れず河端の横で止まる。根本がBSで番手から出て行くが、その外を河端がまくり上げて押し切った。

「世界のカワバタ」が魅せた。アジア選手権ケイリン金メダルなどの実績を誇る。昨年7月にはナショナルチームを離れ、本業の競輪に専念する決意を表明したが、持病のヘルニアが再発し、昨年10月から今年2月まで欠場が続いた。復帰してからも本調子にはほど遠く、惨敗続き。「この点数と体の調子で優勝できるとは思っていなかったからうれしい」と笑顔をはじけさせた。

周囲からは「河端、今回調子戻ってるぞ」との声もあったが「(体調は)4割程度。トップスピードもまだまだだし、長い距離も踏めない。自力という自力を出せていない」と河端自身は納得していない。しかし、決勝戦は「踏み合ってくれればもしかしてチャンスあるかも」と優勝を狙っていた。思惑通り、嵯峨と吉田が叩き合いになり「なんとしても4番手だけは死守する」と好位を確保し「僕のほうが脚をためられていた分、踏めたと思う」と番手まくりの根本の上をあっさりまくり切った。

欠場の影響で今年はGⅠ、GⅡの出場が果たせていないが、この優勝で11月競輪祭の出場権を得たのは大きいし、現在実施中の8月オールスター競輪ファン投票にもつながるだろう。「これをきっかけにケガも治してまた上位で戦いたい」と前向きに復活ロードを進む。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  4. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  5. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  6. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  7. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  8. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  9. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  10. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏