高市早苗・自民党政調会長 「行き過ぎた他者依存、戒めるべきだ」 憲法改正「熟議のうえ国民に判断を仰ぐことが責務」 特別インタビュー1/3ページ

自民党・高市早苗政調会長
自民党・高市早苗政調会長

自民党の高市早苗政調会長の発信が注目されている。ロシアのウクライナ侵攻を受け、日本と世界が学ぶべき教訓と、克服すべき課題を訴えているのだ。夕刊フジの特別インタビューでも、ロシアの暴挙を機に高まる「国連改革」の必要性や、国民のための憲法改正への思い、夏の参院選に向けた公約づくりへの意欲などを語った。

――ウクライナ侵攻で得た教訓とは

「核兵器を持つ国が『軍事』を支配し、国連で『拒否権』を持つ国が『外交』を支配し、資源を持つ国が『経済』を支配する。これが世界の厳しい現実だ。『明日はわが身だ』と改めて強い危機感を持った。『自分の国を守る気概がない国家を、他の国家は助けない』ことを改めて教訓として得た。日本には日米同盟はあるが、行き過ぎた他者依存は、厳に戒めるべきだ」

――「台湾有事、日本有事」への懸念もある

「ロシアと同様、中国も『力による現状変更』を試みている。世界の目が欧州に向く隙に、中国と台湾の間で何が起こっても不思議ではない。日本は、国際社会と結束して強力に対露制裁を履行し、ロシアのたくらみを失敗に終わらせる。これこそが、大切な友人である台湾への戦火を遠ざける道だ。日本は、ロシアと中国、北朝鮮という核保有国に三方を囲まれていることを決して忘れてはならない」

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  5. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  6. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  7. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  8. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  9. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

  10. 【みうらじゅん いやら収集】Wメガネ地獄が苦痛で観に行かなくなった3D映画 飛び出て嬉しいものといえば…

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ