テストステロンを増やす↑堀江メソッド 筋トレ&生活習慣

「グリーンマッスル」 テストステロンや精子を作る睾丸の働きを高めるオメガ3が豊富1/3ページ

グリーンマッスル
グリーンマッスル

ムール貝は英語で「mussels(マッスル)」と言います。筋肉を意味する「muscle(マッスル)」と発音が非常に近いことが、テストステロンとの目に見えない〝赤い糸〟を感じさせます。このムール貝もカキ同様に亜鉛を多く含みます。鉄分やビタミンB12も豊富なので美容効果も期待できます。

ムール貝にはいくつかの品種がありますが、おすすめなのはニュージーランドの「グリーンマッスル」です。別名「グリーンリップ」とも呼ばれ、貝殻の〝口〟の部分の縁がキレイな緑色をしています。

ムール貝の代表的料理は白ワイン蒸しで世界中にこの料理がありますが、グリーンマッスルは産地のニュージーランド以外ではなかなかお目にかかれないので、どこかで見つけたらぜひご賞味ください。

グリーンマッスルの輸入を行っている「洸洋」の竹田隆二代表取締役は「弊社の主力商品であるグリーンマッスルは、ニュージーランドの大変きれいな海域で養殖されており、豊かな森から川を伝って流れてくる栄養分豊富な植物性プランクトンを食べて育つため、テストステロンや精子を作る睾丸の働きを高めるオメガ3などの栄養素をたくさん含んでいます。男性にとてもお勧めの食材です」と語っています。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  3. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  4. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  5. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  6. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」

  7. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  8. 米、対北の「あらゆる不測の事態に備えている」 バイデン大統領の日韓歴訪中に核実験、ICBM発射の可能性指摘

  9. 文政権から30人監獄行きも 検察の「捜査権剝奪」法案で大荒れの韓国 検事総長が辞表を提出、国民からも批判 識者「民主主義へのテロ」