連休明けに狙える〝5大相場〟テーマ銘柄を大予想! 「不動産テック」「風力発電」「技術者派遣」「メタバース」「選挙」関連 天野秀夫氏が解説1/3ページ

3月期決算を中心とする上場企業の決算発表は12日に500社超、13日に約1100社とピークを迎える。これを通過すると、個別材料株の物色人気が高まりやすくなる。特に今年は7月に参院選を控え、政策面でのニュースも出やすい。GW明けは、人気化が予想されるテーマ株の仕込みの好機。「不動産テック」「風力発電」「技術者派遣」「メタバース」「選挙」関連は要注目だ。 (マーケットアドバイザー・天野秀夫)

天野秀夫氏
天野秀夫氏

■不動産テック

改正宅建業法5月施行

最もホットなテーマは、5月に施行となる宅地建物取引業法(宅建業法)改正の施行だ。デジタル改革関連法整備の一環として行われ、不動産の売買や賃貸において、宅地建物取引業者が交付する書類については、押印が不要となるほか、紙ではなく電磁的方法による交付が可能となる。

電子契約化の普及により、不動産業界のデジタル化が進展する第一弾といえる法整備。オンライン契約システムなどを開発する企業を中心として、不動産テック関連企業にとっての商機につながる。

■風力発電

エネルギー基本計画で拡大必至

「第6次エネルギー基本計画」が昨年10月22日、閣議決定された。2030年度の電源構成に占める再生可能エネルギーの割合は36%から38%程度にまで引き上げることが目標として掲げられている。このうち、陸上風力発電量は約3・3%、洋上風力発電量は約1・7%と明示されたことを受けて、風力発電の導入拡大が期待されている。

3月には福島県沖地震の影響で政府が節電を要請するという異例の事態もあった。太陽光発電と比べ、悪天候でも稼働できる風力発電への注目度は大きい。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  3. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  4. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  5. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  6. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  7. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  8. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  9. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  10. 中国戦闘機10機、中間線越え10日連続 台湾への軍事圧力を常態化させる狙いか 米国は「忍耐強く効果的に対応」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ