岸信夫防衛相に緊急インタビュー! ウクライナ侵攻「ロシアの責任をしっかり問う」 厳しさ増す安保環境「防衛力の強化」「国民の命と暮らし守る」1/3ページ

岸信夫防衛相
岸信夫防衛相

防衛省・自衛隊のトップである岸信夫防衛相が、夕刊フジの緊急インタビューに応じた。ロシアはウクライナ侵攻と並行して、不法占拠する日本固有の領土、北方領土や日本海で軍事演習を強行した。北朝鮮は弾道ミサイルを頻繁に発射し、中国は沖縄県・尖閣諸島周辺への侵入を繰り返している。日本を取り巻く安全保障環境が厳しくなるなか、日本はどのように、国民の生命と財産、領土・領海・領空を守り抜くのか。

――ロシアによるウクライナ侵攻は、国際社会を一変させた

「国際秩序の根幹を揺るがす、国際法違反の行為である。このように一方的な『力による現状変更』は決して許されない。ロシアによる侵略を容認すれば、アジアを含む他の地域でも認められるという、誤ったインプリケーション(=含意)を与えかねない」

ウクライナを支援するため、KC767空中給油機に防弾チョッキやヘルメットなどの物資が積み込まれた=3月8日、愛知県の航空自衛隊小牧基地
ウクライナを支援するため、KC767空中給油機に防弾チョッキやヘルメットなどの物資が積み込まれた=3月8日、愛知県の航空自衛隊小牧基地

――ウクライナの首都キーウ(キエフ)近郊ブチャなどでは、住民が無差別に虐殺されていた

「無辜(むこ)の民間人が多数殺害されるといった残虐行為が明らかになった。このような行為は、重大な国際人道法違反だ。断じて許すことはできない。厳しく非難するとともに、ロシアの責任をしっかりと問わねばならない」

――自衛隊はウクライナに支援物資を提供している

「欧州のみならず、アジアを含む国際社会の秩序を根幹から揺るがす行為に対し、国際社会と結束して毅然(きぜん)とした行動をとることは、わが国の安全保障の観点からも大変重要なことだ。今後もウクライナに対し、できる限りの支援を行っていく」

――ロシアは4月、日本海で巡航ミサイルの発射演習を行うなど、日本周辺での軍事活動も活発化させている

「ウクライナ侵攻に際して、ロシアは全土から兵力を動員させている。3月15、16日に津軽海峡通過を確認した戦車揚陸艦は、ウクライナ方面への兵員・車両を輸送していた可能性がある。わが国周辺においても、ロシアの活動が活発化していることは懸念すべきものだ。引き続き注視するとともに、警戒監視活動に万全を尽くしていく」

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  4. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  5. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  6. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  7. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  8. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  9. 【艶グラドル】美澄衿依、趣味は“かわいい子探し” 初DVD「Ellie」を発売

  10. 消えた軍参謀総長、ロシア作戦失敗で仲間割れか 楽観報告の上に苦戦でプーチン氏激怒、FSBを「粛清」 GRUに権限移行で戦況に変化は?