ぴいぷる

小芝風花 大人として、女優として…「〝受け〟の芝居を大切に」 主演ドラマ『妖怪シェアハウス―帰ってきたん怪―』、映画も公開へ1/2ページ

小芝風花
小芝風花

「めっちゃパワーアップして帰ってきたんです」

そう力をこめるのは、現在放送中の主演ドラマ「妖怪シェアハウス―帰ってきたん怪―」(テレビ朝日系)のこと。2020年に放送されたドラマの続編だ。しかも6月17日には映画「妖怪シェアハウス 白馬の王子様じゃないん怪」も公開される。

「すごくうれしいですよね。私、続編とか映画化とか初めてで、前作を見た方々が評価してくださったおかげなので、皆さんの期待に応えたいですね」

小芝風花
小芝風花

人生の〝どん底〟状態だった主人公の目黒澪(小芝風花)が妖怪たちとシェアハウスで暮らしながら、助けられ、人として成長していく…という物語。

「ふざけているだけに見られがちなドラマなんですが、意外と社会派なんです。パワハラとか実際にある問題を妖怪さんたちが解決していくんです。悪者をこてんぱんにやっつけるんで、気持ちよくて共感してもらえるんでしょう」

前作からスケールアップし、今作は闇落ちした妖怪たちと対峙(たいじ)する。さらに、映画では「澪がちゃんと恋愛するんです。恋と仲間のどっちを取るのか。究極の選択を迫られます。澪の成長を楽しみにしてほしいですね」というから見逃せないところだ。

人に嫌われることを恐れる性格を乗り越え、自分を貫く勇気を手に入れていこうとする澪に自身を重ねる。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  4. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  7. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  8. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  9. 【オヤジのためのサッカー塾】初代表のDF伊藤洋輝ってどんな選手? ドイツで急成長!!「守備」に注目、欧州リーグの一流と謙遜ないプレー

  10. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字