ウクライナ侵攻は対岸の火事ではない 「日本は現実に目覚め米国と核シェアリングを実現せよ」 門田隆将氏が特別寄稿1/4ページ

門田隆将氏
門田隆将氏

ウラジーミル・プーチン大統領率いるロシアが、ウクライナへの苛烈な軍事侵攻を続けている。この侵略から日本は何を学び、ロシア、中国、北朝鮮といった核保有国とどう対峙(たいじ)していけばいいのか。人気作家でジャーナリストの門田隆将氏が、日本の主権を断固、守り抜くため、独自に「抑止力」を高める必要性を鋭く説いた。

ロシアのウクライナ侵略がもたらしたあまりに多くの教訓に国民も戸惑っている。

第2次世界大戦の6000万人以上の犠牲の下に築かれた戦後秩序が、いとも簡単に崩壊。日米安保条約で太平の眠りをむさぼってきた日本にとっても〝あり得ない〟事態だった。

「軍事力に著しい差が生じた場合に戦争が起こる」のは世界の常識だ。

しかし、日本の左翼勢力と、いわゆる「お花畑」と称される空想的平和主義者たちには全く通じない。

「平和憲法が日本を守ってくれる」「話し合いで戦争は回避できる」

そんな〝信仰〟が左翼勢力のみならずマスコミや政界にまで浸透。その現実逃避型平和主義者の幻想が、ロシアによって打ち砕かれたのだ。

2月27日、安倍晋三元首相は非核三原則の議論をタブーにしてはいけないという現実論を提起したが、岸田文雄首相は3月7日、参院予算委員会で「非核三原則は国是。核共有は政府としては考えない」と否定した。

zakスペシャル

ランキング

  1. 国連で動き出した「新・悪の枢軸」 中露の拒否権で北朝鮮の制裁決議が否決 安保理〝機能不全〟また露呈 「ファシズム化は続く」識者

  2. 【大前研一のニュース時評】ルノーなど「ロシア完全撤退」でバッシング回避 一方でそのままの企業も…中国やインドの企業は〝知らん顔〟

  3. 【メジャーの旅】後を絶たないMLBの人種差別 かつてイチローも身の危険を感じ「聞きたくない言葉浴びせられた」と回想

  4. 感染拡大続く北朝鮮 脆弱な医療体制で高齢者、妊婦、児童らにしわ寄せ

  5. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  6. バイデン政権は本当に頼りになるか? 「核の傘」は幻想、中露北「核保有国」と向き合う日本「自立」の好機! 大原浩氏が緊急寄稿

  7. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  8. 久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート

  9. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  10. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者