巨人、坂本の負傷離脱で〝ショート在庫切れ〟 代わって入った広岡と増田は失策を記録 2軍も人材は枯渇気味2/2ページ

2軍も人材は枯渇気味。この日はオリックスとのファーム交流戦で遊撃には北村が入ったものの1軍での出場経験はなし。この日は1失策と、慣れないポジションだけに一足飛びにはいかない。

残る策は経験のなさに目をつぶり、2年目の有望株でこの日「8番・二塁」で1軍初スタメンだった中山礼都内野手(20)の抜擢(ばってき)くらい。二塁でみせた落ち着きを遊撃でも発揮できることに期待したいところだ。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 「政界屈指の親中派」林外相の留任は地雷か 岸田首相が茂木氏らと人事協議 識者「適任でない」「保守層離れる」

  2. 高市氏の防衛相が浮上 内閣改造、林外相留任で「親中派内閣」の懸念 旧統一教会との関係、局面転換を狙う官僚の処遇にも注目

  3. 【マンション業界の秘密】米中韓で不動産価格が下落、日本は? 日銀がかたくなに「異次元金融緩和」を維持する理由

  4. 【心肺停止の中国】半導体最大手・TSMCをそっくり強奪 ウクライナと異なる台湾侵攻 戦える?実戦経験ない中国兵と「ゼレンスキー効果」で士気高まる台湾人

  5. 岸田文雄首相「急転直下の内閣改造」で焦点になる「旧統一教会と関係深い安倍派」の処遇

  6. 広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由

  7. 【心肺停止の中国】中国経済の〝ゾンビ状態〟さらに悪化 若者の失業率40%超、住宅ローンの債務残高960兆円 地方のショッピングモールでは売り子があくび

  8. 日本人初メジャー2勝逃すも…しぶこ、涙のちスマイル!1打差3位

  9. 米国で一斉「中国スパイ狩り」 FRBも標的、工作員とつながる13人を特定 「対日諜報活動も高まる可能性」石平氏

  10. 与党内紛、物価上昇、高い貧困率…韓国・尹大統領の止まらぬ支持率低下

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ