サンキュータツオ 体育見学講座

オシム氏の言葉はなぜ残るのか 「古い井戸に水があるのに、新しい井戸を掘るのはやめたほうがいい」有名な〝語録〟1/2ページ

言葉でサッカーの神髄を伝えたオシム氏
言葉でサッカーの神髄を伝えたオシム氏

「古い井戸に水があるのに、新しい井戸を掘るのはやめたほうがいい」

先日亡くなった元サッカー日本代表監督、イビチャ・オシム氏の言葉のなかでも有名な〝語録〟。同じ能力であれば若手を積極的に起用していたオシム監督ですが、それでも決してベテランを軽く見ていたわけではありませんでした。あくまで能力主義で、若手偏重ではなかった。そこで飛び出たこの名言。「ベテランでも能力があるなら、若手ばかりを使う必要はない」とだけ言っていたなら、この言葉はそんなに人々の記憶には残らなかったでしょう。

オシム氏の言葉が残っているのは、それらが「寓話(ぐうわ)的」だからです。意外かもしれませんが、寓話というのは比喩なんですよね。つまり、たとえ話。

美しい女性を見たときに「君は太陽のようだ」という比喩があるように、「AはBのようだ」というのが一般的な比喩です。もう少し厳密にいうなら、「君(のまぶしさ/あたたかさ)は太陽(のまぶしさ/あたたかさ)のようだ」だから、比喩は「A(のX)はB(のX)のようだ」という形にまとめられます。君は太陽とおなじで肉眼で直視できない、って意味にも取れちゃいますが、それが比喩の面白いところです。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 長期政権を見据えた布陣も…岸田新内閣の〝火種〟 高市氏と河野氏を「封じ込め」 林外相留任に有本氏「納得いかない」

  2. 安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

  3. 外相&防衛相に〝米国が重大警戒〟あす内閣改造 門田氏「米高官は林氏と距離、高市氏外せば世界に誤ったメッセージ」有本氏「見せかけの友好は通用せず」

  4. 中国へ配慮が目立ち…韓国・尹政権の「二股外交」 識者「韓国は潮流に逆行、このままでは孤立」

  5. 【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】ペロシ氏訪台と中国の激烈反応 弾道ミサイルEEZ着弾、岸田首相はなぜ当日声明を出さない?〝薄い反応〟の日本政府とメディア

  6. 【日本の解き方】ペロシ氏のアジア歴訪で判明、台湾侵攻の野望隠さぬ中国と米国の民主主義防衛の本気度

  7. 安倍氏の国葬にオバマ氏ら出席へ マクロン氏、メルケル氏も検討 プーチン大統領は欠席の見通し

  8. 加山雄三、ラストショーに向けて 40日続いた“言葉が出ない日々”からの壮絶リハビリ

  9. 【サクラと星条旗】拡大する日米間のギャップ 最高のプレーのために常に最新技術を追求するMLB 佐々木朗希の育成・起用法の背景に米国流スポーツ科学

  10. 「ビーチ・ボーイズ」伝説のリーダーの謎に迫る 全盛時代を知らない世代も感動必至 12日公開「ブライアン・ウィルソン」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ