夕刊フジ×キイストン 飲食業新時代への挑戦

ペースト技術で「有機野菜まるごと」商品続々! 「定食や丼もの&うどんのセットメニュー」を考案した草分け「MIHORI」1/2ページ

ペースト技術で生まれた「あまカボッちゃ まるごとプリン」(提供写真)
ペースト技術で生まれた「あまカボッちゃ まるごとプリン」(提供写真)

和食店「みほり峠」「和み家」をはじめ、焼き肉・とんかつ・パンなど12の業態・25店舗を山口県と広島県で展開する「MIHORI」(山口市、藤井公会長、https://www.mhr.jp/)。

「みほり峠」第1号店がオープンしたのは1975年。「天ぷら定食とうどん」「刺し身定食とうどん」といった味噌汁をうどんに変えたボリュームメニューがファミリーを中心に人気となった。今ではすっかりおなじみだが、当時は画期的なアイデアだった「定食や丼ものとうどんのセットメニュー」を考案した草分け的存在が「MIHORI」である。

みほりファーム (提供写真)
みほりファーム (提供写真)

「新しいアイデアで商品を作り上げることに自信がある」と自負する同社は、15年ほど前に、地元山口県で収穫される小麦粉や野菜を使った乾麺の製造を思いつき、単細胞化バイオ技術を持つS社(山口県宇部市)と、打ち合わせと試作を重ねていた。この時すでに高齢だった、ペースト分解に詳しい同社社長から「技術を受け継いでほしい」と相談を受け、2012年、MIHORIがその特許と機械を引き受けた。

残念ながら、完成した「お野菜麺」はそれほど売れなかったが、ペースト技術の特許と機械は財産として残り、なんとか形にしたいとはじめたのが、「有機野菜まるごとペースト」事業だ。

10年以上前に引き継いだ機械は故障も多くなってきたところに、ホテルレストランショーにて同様の機能を持つプロセッサーを見つけ、カスタマイズして3年前より大量生産を可能にした。

MIHORIのペースト技術の特徴は、①皮や種までまるごと分解が可能なので、栄養素が失われにくく、素材を生かせる②残渣(ざんさ=残りかす)が少ない③酵素の触媒機能で低分子化しているため、他の食材と混ざりやすく用途が広いこと。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  2. 徴用工問題の「皮算用」 韓国、参院選後に妥協案取り付け画策 岸田政権を軽視?「『日本国内の世論を気にせず…』と侮っている」

  3. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  4. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  5. 【日本の解き方】日銀は金利上昇を容認するか 「売り仕掛け」には負けないが、非常識人事で内部崩壊懸念も

  6. 中露艦による尖閣「航行の恫喝作戦」常態化 6年ぶりの「連携」で接続水域に侵入 「ならず者連合さながら」で問われる「日米台の連携」

  7. ヤクルトの強さとは…古田敦也氏を直撃! 盟友・高津監督はどう変わったのか 三冠王も視野の「村上宗隆はもう抑えられないよ」

  8. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】テレビの「存在感」が大きく変化 街頭からスマホの時代へ

  9. 甘妻里菜、写真集「遠距離恋愛」が好評 2016年のミスユニバース東京でファイナリスト

  10. 【アイドルSEXY列伝】樹まり子 3本だけで引退するつもりが…「お願いされると断れない」救いの女神 ギャラの総額を聞いて驚愕

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ