夕刊フジ×キイストン 飲食業新時代への挑戦

ペースト技術で「有機野菜まるごと」商品続々! 「定食や丼もの&うどんのセットメニュー」を考案した草分け「MIHORI」2/2ページ

一昨年、JA山口から委託され、周南名産のかぼちゃ「栗五郎」をペースト化。このペーストを使用して商品化され一般向けに販売している「あまカボッちゃ まるごとプリン」は、地元の幅広い世代に好評で、これを皮切りに「周南やさい まるごと―」をシリーズ化する話が進んでいる。

基本的には材料としての用途のため、山口県民以外は口にする機会は少ないと思いきや、例えば大手航空会社の機内食や道の駅で売っているご当地ソフトクリーム、有機野菜をうたったソース、テレビ番組でも紹介された企業のとうもろこしプリン、海藻の入った沖縄土産乾麺など、多くの商品に使用されており、誰もが口にしている可能性がある。

「安心・安全」を方針に掲げるMIHORI。有機野菜まるごとペースト事業開始後、有機野菜を作るためのみほりファームを設立。収穫した野菜をレストラン事業部に供給するなど「有機JASマーク」も取得した。

目指すのは「総合外食産業」。これからも外食に関する新しいアイデアを形にし、世に送り出していく。 (取材・福士由紀)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 中国で新種ウイルス…35人が感染 「狼牙へニパウイルス」とは 宿主は「トガリネズミ」

  2. 【マンション業界の秘密】中国のマンション業界は驚くことだらけ! デフォルトになった不動産会社がいまだに存続 空室1億戸も

  3. 中国「終戦の日」に挑発 尖閣周辺領海また侵入 識者「岸田政権、取り組みの遅さ目立つ」

  4. 【国防に不安あり】国の威信をかけた安倍元首相「国葬」 万全の警備・警護のために警察と自衛隊の合同警戒を

  5. 習主席の3選危機と台湾有事 ペロシ氏訪台で過敏に反応、背景に米民主党と「反習派」の〝闇連携〟 国際投資アナリスト・大原浩氏が緊急寄稿

  6. 【玉ちゃんの酔滸伝】ヘトヘトの私を救ってくれた高田延彦さん 「太鼓とは普段よりも10倍ビールがおいしく飲める装置なのだ!」

  7. 「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5

  8. 大谷、技あり!試合を決める左前適時打 あす11勝目かけ登板

  9. 【エンタなう】オダギリジョーが演じる〝港町のホームレス〟と少年の絆が出色 映画「ぜんぶ、ボクのせい」

  10. 中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ