知られざる「コロナ後遺症」の恐怖 大学病院では異常なしと言われ…オンラインで相談、漢方薬で症状治まるケースも 専門外来・榊原医師に聞く1/3ページ

オンラインで丁寧に症状を聞く榊原直樹医師
オンラインで丁寧に症状を聞く榊原直樹医師

行楽地は久しぶりのにぎわいを見せたが、新型コロナへの警戒は緩めない方がいい。それは感染して重篤化する恐れだけでなく、感染後、一定期間を過ぎてからコロナ後遺症に悩まされる人が増えているからだ。オンラインも可能な「コロナ後遺症外来」を設置し、集中的に患者を治療している医師に、後遺症の現状について聞いた。

「大学病院に2カ所行ったのですが、それぞれ長い時間待たされ、検査をいくつもしてもらいましたが、異常なしと言われました。しかし、倦怠感と頭痛がひどく、これはコロナ感染後に起きたことなので、明らかにコロナ後遺症ではないかと思っています」

都内に住む植野雄二さん(仮名、50代)は4月中旬、こうした悩みを抱えて、東京血管外科クリニック(東京・水道橋)の「コロナ後遺症外来」を受診した。対面とオンラインでの診察が可能と聞き、大学病院で待たされて疲れたことを思い出し、オンライン診察を躊躇(ちゅうちょ)なく選んだ。

血管外科と循環器を専門とする同クリニックの榊原直樹医師はコロナ後遺症を含めて全身の症状を総合的に診ることができる。パソコンの画面越しに、それぞれの症状を丁寧に聞き、「一般の西洋医療の薬もありますが、漢方だと緩やかに無理なく治療できるかもしれません。どちらにしますか」と尋ねた。

植野さんは漢方薬を選択し、これを服用して1カ月後に再受診することにした。同外来には今年2月に設置以来、全国の患者がオンライン診療に駆け込んでくる。

zakスペシャル

ランキング

  1. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  2. 「竹島専従」新型調査船が就航 韓国に関係改善の意思なし? 外交ルートで抗議も相次ぐ反日暴挙 実効支配強化が加速する恐れ

  3. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  4. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】「AL―MAUJ」誕生の真実 シングル化が遅れ…佐藤さんのアルバムに 「『難破船』に続いてまたカバー曲か」は正直心外

  5. プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認

  6. 豪・印に懸念材料 QUAD首脳会談 「親中の歴史」豪労働党への不信で亀裂も 経済制裁に参加せず密接なインドとロシア

  7. 【スポーツ随想】物言いに尻込む新米審判たち 大相撲夏場所、際どい場面も手を挙げず…ついに八角理事長から〝物言い〟 いまや宝の持ち腐れのビデオ導入

  8. 【日本の解き方】1~3月期GDPを読み解く 民間消費は予想より良かったが、公共投資減への対策が急務だ

  9. ロシア外交官が侵攻に抗議し辞任 「プーチンの侵略は犯罪」痛烈 ラブロフ外相にも「核兵器で世界脅す人物に成り下がった」

  10. 北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる