EV大国の中国が「燃料電池車」にシフト! ロシアのウクライナ侵攻で構図一変? トヨタに〝先見の明〟「日本が勝者になる可能性は十分」専門家1/2ページ

中国「紅旗」が開発するFCV(中国第一汽車集団のホームページより)
中国「紅旗」が開発するFCV(中国第一汽車集団のホームページより)

世界的な電気自動車(EV)シフトが進む自動車業界だが、ロシアのウクライナ侵攻で構図が一変するかもしれない。EV大国として知られる中国が、水素ステーションの設置を急速に進めるなど燃料電池車(FCV)化を急いでいるのだ。以前からFCVに注力してきたトヨタ自動車の読み通りになる可能性もある。

中国国家能源(エネルギー)局の劉亜芳能源節約・科技装備司副司長は、国内の水素ステーションが250基を超えると発表した。シェアは世界の約4割を占め、世界一の設置数だと中国国営の新華社通信が4月13日報じた。

中国は昨年8月には首都北京市や上海市などをFCVの「モデル都市群」に認定し、普及に本腰を入れている。長安汽車は航続距離700キロ以上のFCVを4月21日に発表しており、上海汽車集団は2020年9月時点で、25年までに少なくとも10車種の投入を目標に掲げるなどメーカーも開発を進める。

中国のネット記事でも、技術革新の難しさや供給方法などから、EVが新エネルギーの唯一の解決策ではないとする論評も見られる。

背景にあるのがエネルギー問題だ。石油情報センターによると、4月25日時点の国内のレギュラーガソリンの平均小売価格は、1リットルあたり172・8円だった。また大手電力10社が27日発表した6月の家庭向け電気料金は10社のうち5社が値上げした。いずれもロシアによるウクライナ侵攻が影響しており、ガソリンなど内燃機関車やEVオーナーの家計を苦しめている。中国もエネルギー価格の上昇は深刻な問題となっている。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. プーチン大統領周辺でまた…謎の拳銃〝自殺未遂〟 「核のカバン」を運ぶ大佐、20年以上の責任者 オリガルヒ類似 「健康不安説を握る人物か」識者

  2. 【2022年夏・参院選】「エネルギー」最大争点に 「サハリン2」の衝撃でリスク再認識 プーチン氏が日本勢排除の大統領令に署名 主要9党の政策に注目

  3. ハリセンボン・はるか大喜利でブレークなるか 「IPPON女子グランプリ」で名回答連発! 「松本人志が得点入れ忘れるほどウケたのは衝撃」演劇関係者

  4. 【艶グラドル】MIYABIの趣味はビキニ集め 「ショーツは必ず面積の狭いTバックかブラジリアン」ヒップラインに自信あり!

  5. 【日本の解き方】与党の「消費減税で年金カット」発言は国民に対する恫喝そのものだ 消費減退という指摘も的外れ

  6. 【ニュースの核心】支持率急落の岸田内閣 国民に「何もしない」本質を見抜かれたか 節電ポイント、核共有議論…その場しのぎの弥縫策で火傷の可能性

  7. 「こんなこと放送してええやつか?」千鳥・大悟、芸人仲間から〝スキャンダル砲〟 セクシー女優から「素敵な思い出をありがとう」伝言も

  8. 【大前研一のニュース時評】シャープ会長を退任した戴正呉氏の3つのメッセージ 「逃げてはいけない」「早く泳ぐ魚に」「日本の宝」

  9. 【沖縄が危ない!】50年前と同じ見出し…本土との分断煽るような沖縄の主要紙 いまだに米軍基地負担に苦しんでいることのみに焦点

  10. 日大「N・N」改革に旧田中派の壁 林真理子氏が新理事長に就任 「問題の本質は独裁体制を許した周囲に」識者

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ