NHK紅白の司会レースに〝強力対抗馬〟 東京芸術大学大学院卒で絶対音感の持ち主 エースアナに匹敵する上層部の高評価も1/2ページ

和久田アナに代わって桑子アナの対抗に浮上した林田アナ(写真)
和久田アナに代わって桑子アナの対抗に浮上した林田アナ(写真)

今年もまだ5月というのに、大みそかの「NHK紅白歌合戦」の司会の座にどの女性アナが座るのかが、早くも注目されている。昨年は和久田麻由子アナ(33)、一昨年は桑子真帆アナ(34)が担当したが、今年の有力候補として、あの女性アナの名前も局内では取り沙汰されているという。

これまでの「総合司会」「紅組司会」「白組司会」と分けられていた呼称が「司会」に統一された昨年の「紅白」は大方の予想通り、東京五輪の開会式の中継を担当するなど同局のエースアナとして活躍する和久田アナが、俳優の大泉洋(49)、女優の川口春奈(27)とともに司会を担当した。

和久田麻由子アナ
和久田麻由子アナ

また、一昨年は同じくエースアナの桑子アナが「総合司会(※当時)」を担当。

過去5年の「紅白」を振り返ると、17、18、20年を桑子アナ、19、21年を和久田アナがそれぞれ務めており、当初は今年もこの2人による争いが予想されていた。

だが、ここに来て和久田アナに第1子の妊娠が明らかになった。同局の番組スタッフこう語る。

「和久田アナは今夏に出産予定で復帰の時期は未定ですが、産休後に育休に入ることは間違いありません。となると、今年の『紅白』の司会は桑子アナが有力でしょう。4月から担当している『クローズアップ現代』の視聴率も好調のようですしね」

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  4. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  5. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  6. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  7. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  8. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  9. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  10. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏