「鎌倉殿の13人」外伝

源義経 あまりにも「自己中」の振る舞い…見直される「悲劇のヒーロー」像 「戦勝報告」めぐる兄弟衝突、頼朝にこだわる理由1/2ページ

NHK大河ドラマで、源義経を演じる菅田将暉
NHK大河ドラマで、源義経を演じる菅田将暉

脚本家の三谷幸喜さんは、今回のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、重い決断を2つされた。

1つは、役者さん全員に、現代日常会話風の「せりふ回し」をお願いしたこと。2つ目は、「これまでの源義経像の見直し」を敢行されたことである。

義経はこれまで多くの日本人の間で、変わることのない「悲劇のヒーロー」であり続けた。義経は極めて優れた軍事的才能を持つ武将で、それは誰もが認める。彼だからこそ、「平家の天下」を潰すことができた。

しかるに、兄の源頼朝は義経のしたことを評価しない。あいさつに鎌倉に入ることさえ許さないのである。嫉妬心の極めて強い頼朝のひどいいじめと、それにひたすら耐えるかわいそうな義経…。日本の善男善女の胸に残るのは、この構図であった。

巷間(こうかん)、「判官びいき」なんていう言葉さえ生まれたりもした。日本中の「頼朝アゲンスト」の風の中で、三谷さんは今回、その「義経像の見直し」を敢行された。鎌倉殿には彼なりの、「そう対応せざるを得ない言い分」があるとおっしゃりたいのだろう。

1180年10月、頼朝は奥州から駆け付けた義経と、黄瀬川の陣営で初対面を果たす。お互い、涙を流して喜びあった。ちょっと前の放送では、義経が木曽義仲との戦に総大将として出発する日、頼朝は義経に、勝って帰ってきたあかつきには、一度ゆっくり話そうと声をかけていた。

zakスペシャル

ランキング

  1. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 【日本の核戦略】核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論

  4. ビニ本販売で「まんだらけ」摘発 「芸術としてのエロスと捉えていた」社長ら5人書類送検、1440万円売り上げ 昨年には風営法違反も

  5. 【小池百合子 強く、そしてしなやかに】若者に浸透した安全保障のリアル 「ウクライナ侵攻」で脅かされる食料、エネルギー…自然災害にも目

  6. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  7. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  8. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  9. 【最新国防ファイル】陸自唯一の機甲師団「第7師団」 ロシアが仮想敵のずば抜けた戦闘力 いまは領土防衛のため機動展開の部隊に変革

  10. 元欅坂46・今泉佑唯「母ひとり子ひとりで子育て中」と明かす ユーチューバー引退のワタナベマホトと既に破局か