週末、山へ行こう

上越国境の山で展望を満喫 湿原のお花畑は7月~8月上旬が見頃 「平標山」(新潟県・群馬県)標高1984メートル 1/2ページ

松手山付近からなだらかな山容の平標山を望む
松手山付近からなだらかな山容の平標山を望む

谷川連峰の西端に位置する平標(たいらっぴょう)山。新潟県と群馬県を隔てる上越国境稜線(りょうせん)にそびえる。谷川岳に登ると西側にずっと稜線が連なっているのが眺められ、この稜線を歩いた先に平標山があるのだな…といつも思っていた。

広くなだらかな平標山山頂からは360度の展望が広がる。東に谷川連峰の山々が間近に連なり、西側にひときわ目立つ平らな山頂は苗場山。巻機(まきはた)山や平(ひら)ケ岳なども一望のもと。夏に訪れれば山頂一帯はお花畑となっている。山頂からは四方に尾根が伸び、登山道がつけられている。西側の平標登山口は路線バスも停車するうえ、広い駐車場があり、日帰り登山を楽しむ人も多い。

平標山山頂。三角点と看板が立つ
平標山山頂。三角点と看板が立つ

すばらしい展望が楽しめる山のはずが、今まで訪れたときは常に眺望に恵まれなかった。数年前の晩秋に谷川岳から上越国境稜線を縦走したときは、行程中ずっとガスの中にいたし、10年近く前に沢登りで山頂に詰め上がったときは、沢にいる間はずっと青空だったのに、なぜか山頂にたどり着いたらガスで真っ白。「本当はすごく眺めがいいんですけどね…」とパートナーが呟いたのを思い出す。

今年4月の終わりに、残雪の平標山を歩いた。平標登山口から、反時計回りに周回のルートをとった。林道を進んで平元新道を登る。本来は丸太の急な階段が続く道は雪の斜面になっていた。ところどころで階段や登山道が露出し、目印のテープがついているのがありがたい。

天気はよく、抜けるような青空。日差しが強く汗をかきながら雪の斜面を登っていく。稜線に出ると、すばらしい眺めに何度も立ち止まる。最後に丸太の階段を上りきり、山頂に到着。青空の下、雪を抱いた山々が周りに広がっているのが本当に美しい。こんな景色が広がっていたのか。登ってきてよかったな。下山の松手山コースもずっと展望の尾根歩き。幸せな気持ちで歩き続けた。

たぶん今頃は、稜線や登山道上の雪はだいぶ溶けているだろう。雪解けとともに木々が芽吹き、草が茂り、花が咲き乱れる。山の春はこれからだ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  2. 【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】俳優にとって一番の恐怖…体が動く限り続く〝終わりのないゲーム〟 お金や名声入るが気持ちは満たされない

  3. 韓国で早くも「反日」暴挙 林外相の訪韓中に竹島EEZで無断調査 地下構造や資源探査か 「尹大統領は決して“親日”ではない」

  4. 新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目

  5. ロシア“非人道兵器”使用か マリウポリの製鉄所に「白リン弾」降り注ぎ…プーチン大統領に重病説、追い詰められ残虐さ加速?

  6. 安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか

  7. “制裁金よりダメージ” 朗希への白井球審の詰め寄り問題以降、ロッテと関西審判団の深まる遺恨 井口監督とレアードも退場に

  8. エンゼルスの戦力ランク5位にUP! 大谷翔平が契約で求めたチームに変貌中 気になるのは同地区の最大のライバル、アストロズも絶好調

  9. 【そういうことだろ~】Jリーグ30年目迎えるも〝オワコン危機〟 「浦和が正真正銘のビッグクラブにならなきゃダメ」

  10. 昨年10月頃から落ち込み激しく…上島竜兵さん急死、周囲は心配しケアも 行き当たる〝師匠〟志村けんさんの死去