ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏3/3ページ

さらに、空中指揮機「イリューシン80」による観閲飛行も中止となった。核戦争時に大統領らが搭乗する想定から「終末の日の飛行機」とも異名がつく同機だが、7日のリハーサルでは上空を飛行する様子が確認されたが、9日の本番では確認されなかった。

空中指揮機「イリューシン80」(中央)と「ミグ29戦闘機」(両脇)などの観閲飛行は中止となった(ロイター)
空中指揮機「イリューシン80」(中央)と「ミグ29戦闘機」(両脇)などの観閲飛行は中止となった(ロイター)

ロシア側は「悪天候」を理由に見送ったと説明した。しかし、演説の映像を見る限り、当日のモスクワの空は晴天だったようにもうかがえる。

なぜ、イリューシン80は飛ばなかったのか。

前出の潮氏は「確かに、映像で見る限り天候不順とは受け取りにくいが、風が強かったり、離陸地点の天候条件が悪いという可能性はある。あえて飛ばさなかったとすれば、『核戦争に行き着くことは避けたい』という西側諸国への強いメッセージと受け取れる。ただ、それならば7日のリハーサルには参加した説明もつかない」と指摘する。

ロシア軍内部に異変が生じたとする見方もある。

軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「イリューシン80の誇示は、核攻撃に備えた対外的なメッセージになるので、国内向けの式典では必要なかったのかもしれない」としたうえで、「空軍内部による、プーチン氏への反発やボイコットの可能性もゼロではない。軍内部やプーチン氏周辺での温度差も見え隠れしていた」と指摘している。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】年間1メートルの隆起が続く硫黄島 いずれ噴火するには違いない 現在は自衛隊と米兵だけが居住

  3. 【今からできる年金+10万円生活】早朝案件は狙い目! 定年退職後の「ハローワークでアルバイト探し」 年金プラス〝手堅い〟収入

  4. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  5. 激怒のプーチン大統領、軍指揮官を次々クビ! 内部で「隠蔽と責任転嫁の文化が蔓延」 経済では「脱ロシア」拡大、日本企業の4割が停止や撤退

  6. ロシア、略奪疑惑で〝世界食糧危機〟 組織的にウクライナ産穀物の転売画策か 2月下旬以降40万トン盗難、小麦価格が急騰

  7. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  8. 〝坂本勇人の後継者〟大本命は中山礼都 巨人・二岡2軍監督の元で守備を鍛え直したことが奏功

  9. 【日本の解き方】バイデン政権提唱のIPEF TPPの代替にはならないが、対中包囲網強化は期待できる

  10. SNSに「大麻」の影 誤送金4630万円詐取の田口容疑者 投稿に「マンチ」など隠語が点在 周辺から「まじめ」と語られるも