〝末期症状〟のプーチン政権 ロシア政府系サイトで批判記事30本掲載 国防関連施設などで不審な爆発や火災が多発2/2ページ

ロシア政府は今年3月、「フェイクニュース」を拡散した場合、禁錮刑を科す法案を導入するなど、情報統制を強化してきた。政府系サイトの批判は異例といえる。

さらに、ロシア西部の武器庫で爆発が起き、石油関連施設でも火災が発生するなど、国内で不可解な爆発や火災が相次いでいる。プーチン政権に反発する破壊活動の可能性もある。英国防省は1日、前線のロシア軍部隊への燃料や武器の供給に影響を及ぼす可能性があると公表した。

ロシア軍内部にも、燃料や食糧不足、人員の交代がないことに不満が広がっており、米国防総省は「(ロシア軍は)不満を募らせている」と指摘していた。

一連の異変をどう見るか。

拓殖大学海外事情研究所の川上高司教授は「ロシアから出される情報は精査することが難しい。プーチン政権が弱体化しているという可能性も否定できず、崩壊が近いかもしれない。一方で、ニュースサイトの情報は、西側諸国への偽情報の可能性もある。今後もロシアからの情報については、さまざまな可能性を考えて精査する必要がある」と指摘した。

zakスペシャル

ランキング

  1. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  2. 【日本の解き方】中国が失う〝成長のエンジン〟 民主主義国と切り離し進み…日本でのインフラ投資困難に

  3. 取り戻した4300万円、凄腕町側弁護士の裏技 捜査の手が及ばないよう〝手切れ金〟として全額返金された可能性も 誤送金問題

  4. 数万件のウイグル内部資料が流出 習主席が収容施設の建設を指示、共産党幹部による「逃げる者は射殺せよ」と命じた記録も

  5. クアッドに対抗策あるのか 中露の爆撃機計6機、日本海・東シナ海・太平洋を共同飛行 「国民レベルの意識改革が必要」識者

  6. SNSに「大麻」の影 誤送金4630万円詐取の田口容疑者 投稿に「マンチ」など隠語が点在 周辺から「まじめ」と語られるも

  7. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  8. 【マネー秘宝館】〝情報格差〟なき時代でいかに稼ぐか 永六輔さんの「語り」は大きなヒント

  9. 水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か

  10. トム・クルーズが魅せた〝神対応〟ぶり 映画「トップガン マーヴェリック」のジャパンプレミア