ロシアのウクライナ侵攻遅滞を受け中国が台湾侵攻作戦変更か より迅速化へ1/2ページ

ポストセブン
出港してから間もなくして、1日以上も動かなくなったという
出港してから間もなくして、1日以上も動かなくなったという

ロシア軍がウクライナに侵攻してからすでに3カ月目に突入した。当初の予想とは異なり、欧米諸国の強力な軍事的支援を受けたウクライナが驚異的な粘りを見せ、頑強に抵抗し、逆にロシア軍が劣勢に立つ局面も出ているとの分析も伝えられる。このような状況のなか、米国の軍事専門家は「中国はロシアの稚拙な軍事作戦を教訓にして、今後、台湾侵攻作戦を実行する場合、その攻撃はより電撃的で、より激烈で、かつ破滅的な破壊を行うだろう」との見方を明らかにした。米政府系報道機関「ボイス・オフ・アメリカ(VOA)」が報じた。

米国はトランプ前政権時代から中国の軍事侵攻に備えて、秘密裏に海兵隊部隊を台湾に送り、実戦形式で台湾軍を訓練してきた。

その基本的な戦略は中国の奇襲作戦をいかにして防ぐかということだという。中国が台湾への侵攻を開始する場合、まず海上から台湾封鎖線を敷き、サイバー攻撃で外部との通信を遮断して、ミサイルや爆撃機による空爆で重要施設を破壊。次に台湾の防空網にミサイル攻撃をして制空権を確保したあと、上陸して兵力を台湾本土に送り、地上戦で首都台北など重要都市を攻撃するというシナリオをとる、と米側は予測してきた。

この作戦は地上戦と島嶼攻撃との違いはあるものの、ロシア軍の対ウクライナ軍事作戦と基本的には同じ発想だといってもよい。

ところが、中国軍内部ではロシアが当初の計画ほど迅速に戦争に勝利できなかったことに驚きが広がっており、米国や他の外部勢力が介入する前に勝利を得るために、より迅速かつ強烈に攻撃しなければならないと考えるようになっていると米国の一部の軍事専門家は考えているという。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  4. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  5. 【今からできる年金+10万円生活】早朝案件は狙い目! 定年退職後の「ハローワークでアルバイト探し」 年金プラス〝手堅い〟収入

  6. 【オヤジのためのサッカー塾】長谷部誠 EL優勝クラブ・フランクフルトの主将が日本人なのは誇り

  7. いしだ壱成、3人の女性からアプローチで〝モテ期〟告白 赤裸々なサービストーク展開で注目

  8. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 【5月病より深刻!? 休みボケ徹底解消術】頭や体が思うように動かない…潜むうつ病を見逃すな 「おかしいな」と思ったら早めの受診を