沖縄は冷戦時代より重要性増す「太平洋の要石」 台湾有事の危険、地政学的注目 15日に返還50年 元米国防総省職員が当時を語る1/1ページ

沖縄県では1972年、祖国復帰にあたり横断幕も張られた
沖縄県では1972年、祖国復帰にあたり横断幕も張られた

沖縄は15日、1972年の本土復帰から50年の節目を迎える。第二次世界大戦の敗戦後、日本の主権が回復した後も沖縄では27年間も米軍統治が続いた。ロシアによるウクライナ侵攻が、中国による台湾有事や沖縄・尖閣諸島有事に連動する危険性が指摘されている。米国防総省の職員として59~72年まで沖縄で勤務し、返還の瞬間にも立ち会った日系2世の北村サムエル氏(95)が当時を振り返り、現在の沖縄についても語った。

元琉球列島米国民政府広報局職員の北村サムエル氏
元琉球列島米国民政府広報局職員の北村サムエル氏

台湾有事の危機

「(返還時の米側行政トップの)ジェームス・ランパート高等弁務官は傘もささずに、(住民側の自治機関である)琉球政府の屋良朝苗(やら・ちょうびょう)主席に手を差し出した。2人はがっちりとお互いの手を握り締めた。そのとき、米空軍嘉手納基地内に掲げられていた星条旗が降ろされ、日章旗がするすると登り始めた。今でも鮮明に覚えている」

北村氏は1972年5月15日午前0時前後の様子を、こう語った。

歴史的な沖縄返還は、69年11月21日、佐藤栄作首相とリチャード・ニクソン大統領による日米首脳会談で正式合意された。米軍統治の功罪について、北村氏は次のように指摘した。

「琉球大学の創設や、数千人に及ぶ若者の米国留学、医学・看護教育のレベル向上、琉球銀行の創設、電力公社の創設、インフラの整備などはプラス面として評価できる。マイナス面としては、統治のために沖縄の自治を制圧したのは大きい。米軍兵士による犯罪も反省すべきだ」

地政学的注目

沖縄住民の本土復帰の思いは複雑で、一筋縄ではいかなかったという。

「沖縄県となれば、本土並みの経済振興が図られ、教育の向上や平均所得の増加、観光客の急増、基地の大幅削減などを期待する人々がいた。一方で、軍用地主や基地内の従業員など、基地経済の恩恵を受けていた住民には、基地軽減による収入減は大きな懸念だった。基地反対派にも基地内従業員は多数いて、『米軍基地には反対だが、失業も嫌だ』という矛盾を抱えた人々もいた。少数だが、琉球独立を訴える論客もいた」

ウクライナ侵攻を受けて、中国による台湾侵攻、尖閣侵攻のリスクが指摘される。沖縄の地政学的重要性も注目されている。北村氏は語る。

「アジアの主要都市に数時間で行ける沖縄は、かつて『太平洋の要石』と呼ばれた。台湾と沖縄の距離はわずか110キロ。尖閣諸島周辺には連日、中国海警局船が侵入している。台湾有事は、日本にとっても安全保障上の危機といえる。日本とアジアの平和と安定のため、米軍基地は不可欠な役割を求められている。米国だけでなく、NATO(北大西洋条約機構)諸国も危機意識を日本と共有している。沖縄の重要性は、冷戦時代以上に高まっている」

zakスペシャル

ランキング

  1. 国連で動き出した「新・悪の枢軸」 中露の拒否権で北朝鮮の制裁決議が否決 安保理〝機能不全〟また露呈 「ファシズム化は続く」識者

  2. 【大前研一のニュース時評】ルノーなど「ロシア完全撤退」でバッシング回避 一方でそのままの企業も…中国やインドの企業は〝知らん顔〟

  3. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  4. 【メジャーの旅】後を絶たないMLBの人種差別 かつてイチローも身の危険を感じ「聞きたくない言葉浴びせられた」と回想

  5. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  6. 感染拡大続く北朝鮮 脆弱な医療体制で高齢者、妊婦、児童らにしわ寄せ

  7. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  8. バイデン政権は本当に頼りになるか? 「核の傘」は幻想、中露北「核保有国」と向き合う日本「自立」の好機! 大原浩氏が緊急寄稿

  9. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  10. 【芸能ニュース舞台裏】小山田圭吾、英語の復帰文書新鮮だが…テレビ登場にはまだ遠く 記憶に新しい東京五輪開会式前の辞任騒動