トイレ使用後100円に協力を 尾瀬保護財団が試行錯誤 「環境を守るにはコストがかかる」1/1ページ

ポスターが貼られた尾瀬国立公園内のトイレの集金箱(尾瀬保護財団提供)
ポスターが貼られた尾瀬国立公園内のトイレの集金箱(尾瀬保護財団提供)

福島、栃木、群馬、新潟の4県にまたがる尾瀬国立公園で、一部トイレを管理する尾瀬保護財団(前橋市)が、利用者からのチップの回収に苦慮している。使用後に100円を払ってもらう仕組みだが、回収率は3割程度。昨年から協力を求めるポスターを一新するなど試行錯誤。夏の登山シーズンを前に、担当者は「環境を守るにはコストがかかることを知って」と訴えている。

公園内には18のトイレがあり、このうち2カ所を財団が管理。下水がなく汚物は乾燥処理を施し、定期的にヘリコプターで搬出、年間約1000万円の管理費がかかる。「とにかく周知を」とトイレに5枚ほどポスターを貼った時期もあったが、コロナ禍で入山者が減った影響もあり、収入減は止まらなかった。

財団は行政の政策づくりなどを支援するNPO法人と連携し、昨年8月にポスターを全て撤去した上で新たなPR方法を20日間ずつ試した。有効だったのが、子供がこちらを見つめる写真を箱に貼り、「任意」を連想させる「チップ」の文字を小さくする作戦。集金額の平均は1人当たり34・8円と、何もしない場合と比べ10円増えた。

今年は見やすい位置に子供の写真を貼るなど、効果が上がる方法を検討。財団の石井年香事務局長は「訪れた方の背中をそっと押すような周知方法を考えていきたい」と話している。

zakスペシャル

ランキング

  1. プーチン氏の「カネ」知る大富豪〝怪死〟 裏切り者を口封じか 妻と娘と無理心中、一家心中、霊媒師宅の地下室で死亡…すでに8人

  2. 中国など「日本包囲」鮮明、岸田外交に試練 ガス田開発、東シナ海に構造物設置の動き 韓国、ロシア…周辺国の圧力強まる

  3. 誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」

  4. 【列島エイリアンズ】出会い系外国人編(3) 自称〝海外育ちの30代日本人女〟の巧みな手口 FX取引に誘い「吊り橋効果」で恋の毒牙に

  5. 【勝負師たちの系譜】東京に負けたくないという気構え 西高東低の風やまず 毎日のように練習将棋…研究量は関東以上か

  6. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  7. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  8. 【芸能ニュース舞台裏】田中みな実がCM、ドラマに重用されるワケ 「フリーアナ」の肩書不要、セルフプロデュースの勝負師

  9. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  10. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談