宝田もなみ バイブスあがってる?

人間は今も昔もたいして変わっていないのだろうなぁ~時代が変われば戦争の方法は変わるけど…大きな枠組みはきっと同じ1/1ページ

GWも終わり、そろそろ人々はすっかり普段の生活に戻っている頃だろうか。連休だとか出勤だとかいう概念がほとんどない私はGWも今もNetflixを見たり漫画を読んだりしながら変わらずぬるっとした日々を過ごしているだけなのだけれど、ふと目にするニュースはなんとも気が暗くなるようなものが多くて少しばかり不安になる。戦争に円安にコロナ。嗚呼いつから世界はこんな風だったっけ、今では当たり前のたくさんのことが、3年前には何一つ当たり前ではなかったような気がする。しかし慣れというのは怖いもので、マスクや消毒液がない世界はもう想像できないし、見知らぬ人とぶつかり合ったり歓声をあげたりしながら見るライブがどんなものだったか少し忘れかけている。

話は変わって、最近見たアニメの中で特に印象深かったのが今年の初めに放送されていた『平家物語』というアニメだ。タイトル通り鎌倉時代に書かれた『平家物語』を描いたアニメで、主人公のびわという琵琶法師の女の子を軸に平家が落ちぶれていく様が描かれていく。歴史の知識が浅い私は全部を完璧に理解できているとはいえないけれど、浮世絵を彷彿とさせる色彩や美しい音楽、可愛らしいキャラクターたちがすごい引力でアニメを作り上げいていて、あっという間に全話見終わってしまった。単純な絵の美しさだけではなく色々な表現が詰まっていて、本当に素晴らしいアニメーションだった。

それにしても、アニメを通してではあるけれどかつて日本であったような戦を想像してみると人間は今も昔もたいして変わっていないのだろうなあと思う。権力を誇示したい人や革命を起こしたい人や地位を守りたい人がいて、軋轢が生まれて戦が起きる。運悪く巻き込まれた人たちは不条理な死や悲しみに翻弄される。時代が変われば戦争の方法は変わるけど、大きな枠組みはきっとそう変わらないだろう。

一般庶民の私にはわかりっこないけど、きっと今この瞬間もとてつもなく権力のある人たちがわちゃわちゃと何かやっているのだと思う。私なんかが出来るのはせいぜいお祈りくらいなもので本当に無力だけど「おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし」という平家物語の一節を思い出してみれば自然の流れに身を任せるしかないのかもしれない。嫌なやつが牛耳る世界も、春の夜の夢みたいなものだとしたら、今はきっと儚い夢の中なのだ。そう思ったら嫌になっちゃいそうなこの世界もほんの少しロマンチックな気がしてくる。

■宝田もなみ 1992年10月9日生まれ、東京都出身。AV女優。美術大学卒。中高教員免許、世界遺産検定2級保持。YouTube「オカルトもなぱいチャンネル」にて別名義、桃永ぱいんとしても活躍中。ビーダッシュプロモーション所属。

Twitter:https://twitter.com/monami_takarada

Instagram:https://www.instagram.com/monami_takarada



zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  4. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  8. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」