有本香の以読制毒

大阪「港」への中国の浸透を警戒せよ! 「上海電力」発電事業に安保上の懸念、元大阪市長・橋下徹氏に説明求める声1/3ページ

大阪・南港咲洲
大阪・南港咲洲

「水の都」―。大阪は古来、こう呼ばれてきた。水路が発達し、その水運によって〝商都〟の発展が支えられてきたからだ。大阪を「水の都」たらしめたのは自然の力ではない。先人が『日本書紀』に記された古代から、おびただしい数の工事を繰り返し、人力で築いた街なのである。

5世紀前半、仁徳天皇の時代には堤防や排水路の設置が行われたと『日本書紀』にある。その後の中世、江戸時代にも、埋め立てや河川の付け替えを含む水路開発の大工事が繰り返され、大阪の原型が形づくられた。

大阪市のウエブサイトによれば、大阪港の開港は幕末の慶應4(1868)年とのこと。開港150周年の記念事業が2017年に行われたことは記憶に新しいが、現在の南港、北港の建設工事が始められたのは1928年。工事の完了は、大東亜戦争を挟んだ52年後の80年だった。その間に39年には、世界一の工業都市「大大阪」の発展により、大阪港は貨物取り扱い数で日本一となっている。

こうした街の歴史を、いまの大阪の政治家の何人が知っているのかと、ふと不安になる。というのも、この伝統ある大阪港の周辺が近年、妙な風向きだからだ。

2014年から、南港咲洲(さきしま)には、中国企業「上海電力」が運営するメガソーラー発電所が広がる。この「上海電力」というワードが4月以降、連日のようにトレンド入りする現象が起きている。同社が近年、日本各地で大規模なソーラー発電事業などに参入していることに対し、安全保障上の懸念が広がっているためだ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  4. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  7. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  8. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  9. 【オヤジのためのサッカー塾】初代表のDF伊藤洋輝ってどんな選手? ドイツで急成長!!「守備」に注目、欧州リーグの一流と謙遜ないプレー

  10. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字