昨年10月頃から落ち込み激しく…上島竜兵さん急死、周囲は心配しケアも 行き当たる〝師匠〟志村けんさんの死去2/2ページ

ダチョウ倶楽部と志村さんとのコラボは長く、「志村けんのバカ殿様」(フジテレビ系)や「志村けんのだいじょうぶだぁ2」(同)、さらには舞台「志村魂」でも、上島さんは欠かせない存在となっていった。

「番組での絡みを見ても分かりますが、志村さんは上島さんの最大の理解者だった。上島さんも、これまで以上に志村さんと仕事の中でコメディアンとしての人生を見据えていた。それだけに志村さんの死をいまだに受け入れられず、自分も死ななければいけないのではと考えたのではないか」と関係者は話す。

上島さんは、志村さんの死をめぐって、20年5月、ウェブメディアのインタビューの中で「悔しくて、悲しくて、寂しくて、今でも信じられない。人間、生きてこそです!」と語っていた。

真面目すぎるほど真面目な人間だった上島さん。残された者として、頑張れば頑張るほど自分自身が苦しくなっていったのかもしれない。

しかし、その死は想像以上に芸能界に大きな影響を与えている。

zakスペシャル

ランキング

  1. 「ポスト習」に3人浮上 中国SNSで〝退陣説〟の怪情報 米中摩擦やコロナ拡大の多事多難 共産党内の一強状態が崩壊か

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 「プーチン大統領は来年引退」英MI6元長官が発言「療養所に入所」の見通し 元情報部員も健康不安説に言及、クレムリン「不安定になっている」

  4. 「一生、上に行けない!」清宮のミスに新庄ビッグボスが激怒 誕生日にヒーローになるはずが…「重盗失敗」に指揮官ブチ切れ

  5. 大騒動招いた田口容疑者の心変わり 4630万円誤送金、返金断固拒否に至った背景を心理学者が分析「銀行への移動時間が長すぎた」

  6. ロシア艦また炎上、ウクライナ軍の反撃が加速か オデッサ沖で複数撃破 軍用機200機を撃墜で航空戦力も損傷

  7. 「ゼレンスキーです」玉城沖縄知事が冗談 不真面目との批判に「不用意な発言」として同日中に陳謝

  8. 河瀬直美監督に今度は殴打パワハラ疑惑 撮影助手への腹蹴りに続き…優秀な男性職員の退職申し出に「怒りをぶつけたよう」 週刊文春報道

  9. 綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される

  10. 昭和天皇の写真をバーナーで焼く…作品は「違法ではない」と地裁 「あいちトリエンナーレ」実行委による訴訟、名古屋市に負担金支払い命令