列島エイリアンズ

出会い系外国人編(2) 2000万円の残高とともに消えたネット内の花嫁 独身男女をカモにする国際詐欺組織の影1/2ページ

パンデミック下での経済活動の縮小は、日本の在留外国人たちの暮らしにも多大な影響を与えた。特に気の毒だったのが留学生だ。対面授業は中止され、アルバイトも見つからず、航空便の運休で帰国もできず…と八方ふさがりの状態となってしまったのだ。

しかしそんななか、前回紹介したインドネシアからの女子留学生は商魂たくましく、男性に貢がせた〝お手当〟を元に母国でビジネスを立ち上げ、現地の大卒初任給の2倍の収益を得られるまでに成長させるに至った。

記事掲載後、インターネット上ではこの女性の行為に対して「税金は払っているのだろうか」「売春は資格外活動だ」という批判的な声が散見された。確かにそうした指摘も的外れではないだろう。

もっとも、世の中には日本人男性の恋愛感情を刺激して大金をだまし取る、さらに不埒な〝外国人女性〟も存在する。

「本物の愛だと信じてたんですが…」

そううなだれるのは、四国に住む60代の独身男性だ。

農業を営むこの男性は、独身を貫いてきたが、昨年5月、とある有名お見合いサイトで出会った30代の女性と恋に落ちた。やがて2人は将来を約束する仲となり、投資口座を共同の名義で開設し、結婚資金として運用するようになった。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  4. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  7. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  8. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  9. 【オヤジのためのサッカー塾】初代表のDF伊藤洋輝ってどんな選手? ドイツで急成長!!「守備」に注目、欧州リーグの一流と謙遜ないプレー

  10. 【EV放浪記】ホンダeの12カ月点検 回生ブレーキ多用で減らないブレーキパッドは錆だらけ 車体下側は凹凸少なくスッキリ