ニュースの核心

中国・北朝鮮〝対露密約〟の不穏な動き 日米を威嚇、軍事演習で苦戦のロシア「側面支援」か 北で核実験再開の観測も1/3ページ

中国海軍の空母「遼寧」(防衛省提供)
中国海軍の空母「遼寧」(防衛省提供)

ロシアによるウクライナ侵攻が長期化するなか、中国と北朝鮮が東アジアで不穏な動きをしている。中国海軍の空母「遼寧」は、沖縄県・石垣島南方で艦載戦闘機の発着艦を連日行い、北朝鮮はジョー・バイデン米大統領の韓国訪問(20~22日)前に、弾道ミサイル発射を繰り返し、核実験を強行する可能性も指摘されている。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と、中国の習近平国家主席、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記は「専制主義国家の枢軸」として密約・連携しているのか。ジャーナリストの長谷川幸洋氏が最新情報を分析した。

中国が太平洋や台湾周辺で、軍事的挑発を高めている。一方、北朝鮮は日本海への弾道ミサイル発射を繰り返し、近く「核実験を再開する」という観測もある。

習近平国家主席(AP)
習近平国家主席(AP)
金正恩(キム・ジョンウン)総書記(共同)
金正恩(キム・ジョンウン)総書記(共同)

両国の動きが、どこまで深くウクライナの戦争と連動しているのかは確認のしようもないが、事実上、苦戦するロシアに対する「側面支援」の効果を果たしているのは、間違いない。

中国と北朝鮮は慎重に間合いをはかりながら、ロシアに肩入れし始めた。

岸信夫防衛相は10日の記者会見で、「中国の空母『遼寧』が沖縄沖の太平洋で、100回以上も艦載機の発着訓練をしている」と語った。防衛省は12日、「遼寧」が11日も艦載機の発着艦をしたと発表した。発着艦の確認は9日連続となった。

北朝鮮は7日、潜水艦発射型とみられる弾道ミサイル(SLBM)を日本海に向けて発射した。12日夕には、首都・平壌(ピョンヤン)の付近から日本海へ短距離弾道ミサイル3発を発射した。ミサイル発射は今年に入って15回目だ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  2. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  3. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  4. 【今からできる年金+10万円生活】早朝案件は狙い目! 定年退職後の「ハローワークでアルバイト探し」 年金プラス〝手堅い〟収入

  5. 人気俳優や女優が続々、ナレーション業界参入のワケ 「1本50万円近いギャラも期待」 コロナの影響も少ない

  6. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  7. 【日本の解き方】「長期債務残高が1千兆円」や「日銀は政府子会社」発言めぐるミスリード報道に騙されるな バランスシートを見れば一目瞭然

  8. 林外相ら政府の〝弱腰〟に批判続々! 韓国の竹島調査船知りながら…尹大統領就任式出席、抗議もせず 自民・青山繁晴氏「なめられる原因だ」

  9. 【日本の解き方】中国と北朝鮮のコロナ対策、専制国家の規制と親和性あり 民主主義国との違い出てくる

  10. 〝裏オプション〟で売春行為 店舗型リフレ店「エース秋葉原」経営者ら逮捕