「鎌倉殿の13人」外伝

大江広元 幕府の政務処理を行う公文所の初代別当 戦国時代の知将・毛利元就とのつながり1/2ページ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、大江広元を演じる栗原英雄
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、大江広元を演じる栗原英雄

源頼朝の側近、もちろん「鎌倉殿の13人」の一人に、大江広元(おおえ・ひろもと)という人物がいる。鎌倉市が発行した「鎌倉殿を支えた13人の重臣ガイドブック」を開くと、彼はもともと、京都の朝廷に仕える儒学を専門とする下級貴族の養子で、京都では朝廷の実務官としてキャリアを重ねていたとある。

広元は、頼朝が挙兵すると、養父の縁もあって鎌倉に下向する。その後、幕府の政務処理を行う公文所(くもんじょ)の初代別当(長官)にまでなった。承久の乱(1221年)では、幕府側の勝利に貢献した。公文所はのちに政所(まんどころ)に改められた。

この広元の4男に季光(すえみつ)という人物がいる。彼は広元から、相模国毛利荘(=現在の厚木市)を譲られ、季光は地名にちなんで毛利姓を名乗った。やがて承久の乱で武功を挙げた季光は褒美として、安芸国吉田荘(=現在の安芸高田市)の地頭職を与えられる。

のちに、この吉田荘にある城の城主になったのが戦国時代の知将・毛利元就(もとなり)であった。前回触れた頼朝の墓、そこから70メートルほど行ったところに北条義時の墓もある。さらに階段を上っていくと、薩摩長州二藩が整備した島津忠久、大江広元、毛利季光の墓があった。

今、「薩長両藩で整備した」と書いたが、両藩のエリアは玉垣できちんと区分けされてあり、2列に並んだH字形石段の中腹にある踊り場を経由しないと、隣(他藩)の墓まで行けないようになっている。

頼朝の時代から、薩長はお互いを意識せざるを得ない、気を使う間柄だったんだと思うと、ちょっと頰が緩んだ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  2. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  3. 【日本の誇り 安倍晋三】防衛費大幅増で自国守る「意思」示せ! バイデン大統領来日 韓国、安保で認識一致も竹島調査船は残念 日銀「子会社」発言は比喩的な表現

  4. DAIGO“政界進出”あるか 芸能界一の好感度、最近話題の暴露系ユーチューバーも人柄の良さを称賛 本人は「120%ないです」

  5. 【今からできる年金+10万円生活】早朝案件は狙い目! 定年退職後の「ハローワークでアルバイト探し」 年金プラス〝手堅い〟収入

  6. 【オヤジのためのサッカー塾】長谷部誠 EL優勝クラブ・フランクフルトの主将が日本人なのは誇り

  7. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  8. いしだ壱成、3人の女性からアプローチで〝モテ期〟告白 赤裸々なサービストーク展開で注目

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 【日本の解き方】企業物価が大幅上昇しても川下まで価格転嫁は難しい 有効需要作る対策は減税だ!