「鎌倉殿の13人」外伝

大江広元 幕府の政務処理を行う公文所の初代別当 戦国時代の知将・毛利元就とのつながり1/2ページ

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、大江広元を演じる栗原英雄
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、大江広元を演じる栗原英雄

源頼朝の側近、もちろん「鎌倉殿の13人」の一人に、大江広元(おおえ・ひろもと)という人物がいる。鎌倉市が発行した「鎌倉殿を支えた13人の重臣ガイドブック」を開くと、彼はもともと、京都の朝廷に仕える儒学を専門とする下級貴族の養子で、京都では朝廷の実務官としてキャリアを重ねていたとある。

広元は、頼朝が挙兵すると、養父の縁もあって鎌倉に下向する。その後、幕府の政務処理を行う公文所(くもんじょ)の初代別当(長官)にまでなった。承久の乱(1221年)では、幕府側の勝利に貢献した。公文所はのちに政所(まんどころ)に改められた。

この広元の4男に季光(すえみつ)という人物がいる。彼は広元から、相模国毛利荘(=現在の厚木市)を譲られ、季光は地名にちなんで毛利姓を名乗った。やがて承久の乱で武功を挙げた季光は褒美として、安芸国吉田荘(=現在の安芸高田市)の地頭職を与えられる。

のちに、この吉田荘にある城の城主になったのが戦国時代の知将・毛利元就(もとなり)であった。前回触れた頼朝の墓、そこから70メートルほど行ったところに北条義時の墓もある。さらに階段を上っていくと、薩摩長州二藩が整備した島津忠久、大江広元、毛利季光の墓があった。

今、「薩長両藩で整備した」と書いたが、両藩のエリアは玉垣できちんと区分けされてあり、2列に並んだH字形石段の中腹にある踊り場を経由しないと、隣(他藩)の墓まで行けないようになっている。

頼朝の時代から、薩長はお互いを意識せざるを得ない、気を使う間柄だったんだと思うと、ちょっと頰が緩んだ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  2. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  3. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  4. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  7. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  8. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  9. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  10. 【オヤジのためのサッカー塾】初代表のDF伊藤洋輝ってどんな選手? ドイツで急成長!!「守備」に注目、欧州リーグの一流と謙遜ないプレー