消えた軍参謀総長、ロシア作戦失敗で仲間割れか 楽観報告の上に苦戦でプーチン氏激怒、FSBを「粛清」 GRUに権限移行で戦況に変化は?1/3ページ

2018年に撮影されたプーチン大統領(左)とゲラシモフ参謀総長(AP)
2018年に撮影されたプーチン大統領(左)とゲラシモフ参謀総長(AP)

ロシアのウラジーミル・プーチン政権中枢に異状あり―。黒海では露海軍の最新鋭支援艦が炎上したと伝えられるなど苦戦が続くなか、ウクライナ侵攻の作戦立案について、諜報機関の連邦保安局(FSB)が外され、軍参謀本部情報総局(GRU)に代わったと報じられた。また、軍制服組トップの参謀総長が9日の対独戦勝記念日に姿を見せなかったのも極めて異例で、その背景に憶測が広がっている。

作戦立案部門の移行については、英紙デーリー・テレグラフ(電子版)や英紙タイムズなどが報じた。

2月の侵攻開始以来、ロシア軍は首都キーウ(キエフ)を制圧できずに撤退、黒海艦隊の旗艦「モスクワ」を撃沈され、前線で少なくとも9人の将校が犠牲になるなど失態続きだ。

作戦を立案してきたFSBについて、3月には侵攻を「完全な失敗」とする内部文書の存在が発覚した。FSBが楽観的な事前情報ばかり報告したことにプーチン大統領が激怒し、FSB第5局のセルゲイ・ベセダ局長らが自宅軟禁され、職員150人がパージされたとも報じられた。

ロシアの軍事・安全保障に詳しい東京大学先端科学技術センター専任講師の小泉悠氏は「真偽のほどは明らかでないが、作戦の立案部門がFSBからGRUに移行したとみられる。FSB第5局は旧ソ連諸国の諜報部門で、ウクライナで騒乱を引き起こすことやゼレンスキー首脳部の捕縛などを狙っていたとみられるが、失敗したため、責任を負わされたのだろう」と話す。

zakスペシャル

ランキング

  1. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  2. 【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

  3. 運営スタッフとアイドルの〝ただならぬ関係〟 同じ感覚が共感できるおいしいポジションだが…怖い色恋やマクラ営業タイプ

  4. 『ちむどんどん』 当初の設定は“4姉妹”、家族に迷惑かける兄は企画になかった

  5. 【日本の解き方】クアッドで対中包囲網進むか 米国はIPEFで新たな展開、韓国などアジア巻き込む狙い

  6. 藤森慎吾、破局理由は他にもあった!? 元カノ・田中みな実の“未練”発言も影響か

  7. 【体が警告! 背中の痛みに潜む病気】「肝がん」中年期の脂肪肝解消で明暗 肝硬変と背中の痛みの関係とは

  8. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  9. 【オヤジのためのサッカー塾】初代表のDF伊藤洋輝ってどんな選手? ドイツで急成長!!「守備」に注目、欧州リーグの一流と謙遜ないプレー

  10. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字