ブラックジャックを探せ

帯状疱疹の名医特集(4) ワクチンの公費負担に向けた取り組み始める 東北文化学園大学医療福祉学部特任教授・渡辺彰さん1/2ページ

4回にわたって帯状疱疹治療と予防の名医を特集してきたが、その最終回は東北文化学園大学特任教授の渡辺彰医師。

医学部の学生時代に公衆衛生の自由研究で抗菌薬に関する調査研究をしたところ、リポートが高く評価されて論文化された。そうしたことを背景に「抗菌薬」「感染症」の世界へと足を踏み入れることになった。

東北大学の抗酸菌病研究所に所属し、呼吸器内科医としての臨床に携わってきた。特に予防医学に力を注ぎ、インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンの普及啓発に取り組んできた。東北文化学園大学特任教授と宮城県結核予防会理事長の重責を担ういまは、これに「帯状疱疹ワクチンの普及」が大きなミッションとして加わっているのだ。

帯状疱疹のワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンの2種類がある。「生」に比べて「不活化」は効果と効果の持続期間が長いとされていて、アメリカでは不活化ワクチンのみが使われている。

高齢者が帯状疱疹にかかると、発症時の痛みもさることながら、一定の割合で重篤な神経痛が残る。このつらさはなった人にしかわからないものだが、生活の質が大幅に下がる。しかし、問題はそれだけではないという。

zakスペシャル

ランキング

  1. 田口容疑者「自己破産」でも免責なしか 4630万円誤送金問題 「毎月5万円ずつとしても70年以上」「実刑3年も」若狭弁護士

  2. バイデン大統領、尹政権の「親米度」を試験か 中国恐れ揺らぐ保守公約 識者「『文政権からの転換を図れ』とクギを刺す」 米韓首脳会談

  3. 暴行容疑で逮捕の財務総括審議官を更迭 物おじしない財政再建〝次官候補〟 人事変更で岸田政権にも影

  4. 【大前研一のニュース時評】米国が台湾を〝一国〟のごとく扱い出した 国務省HPの「独立を支持しない」文言削除 本来、常任理事国ではなかったロシアと中国

  5. 【するりベント酒】国技館の焼き鳥で、自宅で昼間に飲んでみた 全部食べ終わって、はたと気がついたこと

  6. 動き出した森保監督〝リストラプロジェクト〟 大迫の次は誰だ? キリンチャレンジ杯・代表メンバー発表

  7. 【ニュースの核心】「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘、媚び売ってる場合ではない岸田政権

  8. 【艶グラドル】美澄衿依、趣味は“かわいい子探し” 初DVD「Ellie」を発売

  9. 4630万円誤送金の田口翔容疑者、阿武町役場をプライバシー侵害で提訴する可能性も

  10. 【いま田中角栄あらば…】経済成長には地方の底上げが不可欠も…旧態依然のバラマキ政策でやり過ごす政治家 中央集権から真の地方自治へ、国土の平準化