韓国で早くも「反日」暴挙 林外相の訪韓中に竹島EEZで無断調査 地下構造や資源探査か 「尹大統領は決して“親日”ではない」1/2ページ

尹大統領(左)に岸田首相の親書を手渡した林外相=10日、ソウル(共同)
尹大統領(左)に岸田首相の親書を手渡した林外相=10日、ソウル(共同)

新たな「反日」暴挙なのか。韓国が不法占拠する島根県・竹島南方の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、韓国側の調査船が無許可で海洋調査を実施したようなのだ。韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)新政権は、日韓関係の改善を呼びかけるが、今回のタイミングを見る限り、岸田文雄政権を軽んじ、挑発した可能性すらある。

韓国が不法占拠する竹島(共同)
韓国が不法占拠する竹島(共同)

産経新聞の17日朝刊によると、問題の調査は、韓国国営企業から委託されたノルウェー船籍の調査船「ジオ・コーラル」が実施した。竹島の南方約100キロの海域で、船尾からケーブルのようなものを引き、日韓の地理的中間線の日本側への侵入を繰り返したという。海域の地下構造や資源を探査した疑いがあるという。

現場では、海上保安庁の巡視船が無線で委託元などについて聞き取り、「わが国の同意を得ない調査は認められない」と注意した。

日本政府による外交ルートでの韓国への対応は明らかになっていないが、問題は調査船が活動したタイミングだ。

産経新聞は、調査は尹氏が就任したタイミングで実施され、林芳正外相は訪韓中だったと報じた。林氏は9日、岸田首相の親書を抱えて、尹大統領の就任式(10日)に出席するために訪韓している。

韓国側の調査船が活動した海域に近い日本のEEZ内では、石油・天然ガス開発の国内最大手「INPEX」(インペックス)が今月5日、天然ガスなどの商業生産化を調査する試掘を始めている。

一連の韓国側の動きは偶然とは考えられない。どう見るか。

朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は「韓国側の動きはタイミングを含め、尹氏の『竹島問題で日本に譲らない』という姿勢を示す意図があったのではないか。尹政権は決して『親日』ではない。文在寅(ムン・ジェイン)前大統領は強硬な『反日』で日韓関係を最悪な状態にしたが、尹氏は関係改善をチラつかせる巧妙な『反日』と見るべきだ。日本の国内世論が分断される恐れもある。岸田政権は手ごわい相手だと認識し、毅然(きぜん)とした対応をすべきだ」と語った。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. なぜ日本のマスコミは伝えなかった 韓国・尹大統領が「無差別テロリストの精神」を称賛 日本人2人が死亡した上海爆弾テロ事件

  2. エンゼルス大谷〝大爆発〟27号2ラン含む5打数4安打4打点 キャリア4回目の安打数、勝敗すら吹き飛ばす猛打ぶり

  3. 特捜が狙う〝次の大物〟五輪組織委の元理事ら逮捕 受領資金の使途解明へ 若狭氏「政治家の関与も視野」

  4. 【アイドルSEXY列伝】元アイドリング!!!朝日奈央 空気を瞬間に読んで捨て身のギャグ 〝オモシロ奥さま〟として芸風強化も

  5. 【日本の解き方】日本の科学論文が低迷の背景 成長低下が研究開発費に波及 まだ国防関連に伸び代がある

  6. 【政界マル秘紳士録】高市早苗経済安保担当相〝日本初の女性首相〟候補の一番手に立つ チーム力、同志の協力が不可欠

  7. 名マネジャーの死から始まった国際派女優・島田陽子さんの転落人生 遺骨がひっそり帰宅、親族は引き取り拒み〝負の遺産〟問題も

  8. 【日本復喝!】迷走する学術会議は国民の信に応えよ 「軍民両用の二分化は困難」の見解で半歩前進 軍事忌避を宣言した過去の声明はすべて破棄すべき

  9. しぶこ、妹と〝初共演〟 インドネシアの大会に明大2年・渋野暉璃子と参戦 「チームでも勝負なので負けたくない」と宣戦布告も

  10. 峯岸みなみ、結婚で浮かぶ心配事 AKB卒業後はバラドルとして活躍〝体を張った笑い〟で再注目

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ