日本の解き方

「世界標準」になった金融政策、内外の安保環境も激変したが…進歩なき一部野党とマスコミ1/3ページ

安倍晋三元首相
安倍晋三元首相

民主党政権下の2010年1月にスタートした当連載は今回で3000回となった。この場をお借りして、読者、関係者に御礼申し上げたい。

民主党政権が誕生した当初、自民党関係者は「10年間は政権が戻ってこない」と言っていたが、12年12月には自民党と公明党の連立で安倍晋三政権に交代した。

08年9月のリーマン・ショックへの対応について、自民党とその後の民主党政権は完全に間違えていた。欧米各国は、米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長を筆頭に、猛烈な金融緩和政策を実施した。

ところが、白川方明(まさあき)総裁体制の日銀は積極的な金融緩和をしなかった。相対的に円の希少価値が出たことで猛烈な円高になり、日本の国内総生産(GDP)を大きく毀損(きそん)させた。最近でも「円安亡国論」を主張する人は、この教訓を忘れている。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

  2. 68兆円没収、プーチン大統領ら資産を復興資金に ウクライナ首相が要請「甚大な被害の責任は彼らに負わせるべき」

  3. 【2022年夏・参院選】高市氏が〝猛ゲキ〟大混戦の東京選挙区 生稲氏に強力援軍、聴衆の笑い誘いつつ「議席増やせるか瀬戸際」 松野官房長官は防衛力強化をアピール

  4. 【日本の解き方】日銀は金利上昇を容認するか 「売り仕掛け」には負けないが、非常識人事で内部崩壊懸念も

  5. 【元文春エース記者 竜太郎が見た!】田中聖容疑者の深刻な薬物依存 「頭では分かっていても…脳がよだれをたらす」もはや断罪して自省を促すレベルではない

  6. 「明石家紅白」で期待される〝SMAP雪解け〟 7年ぶりに香取慎吾と共演、木村派・さんまの仲介で「復活」の声

  7. 在日経験のある外国人たちが「日本の没落」を口にし始めているという厳しい現実

  8. 【スクープ最前線】中露ブチ切れ!岸田首相のNATO会議出席で「敵」と認定 プーチン氏「サハリン2」強奪で脅迫テロ 中国が仕掛ける「日系企業強奪計画」

  9. コロナ感染急増も「50歳以下は自粛不要」と専門家 オミクロン派生型「BA・5」の置き換わり進む 「すでにかぜレベルに近い」児玉栄一教授

  10. 【歳川隆雄 永田町・霞が関インサイド】米国、太平洋地域で多国間関与主導 「良い印象」抱いてなかったキャンベル氏 優秀な戦略家だが…皇室への失言も

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ