安保環境の激変で大転換 日本学術会議「軍民両用」研究を否定せず 年間10億円の血税投入「浮世離れ」組織、民営化案浮上で目くらましか1/3ページ

日本学術会議
日本学術会議

日本学術会議の姿勢が注目されている。多額の血税が投入されながら、特定の政治勢力の影響力が強く、自国の防衛研究に過度なブレーキをかけてきたが、国会で、民生と軍事の「デュアルユース」(軍民両用)の先端技術について、「研究を否定しない」とする姿勢を明らかにしたのだ。菅義偉前政権では、日本学術会議の民営化が浮上していた。ロシアによるウクライナ侵攻や、中国による軍事的覇権拡大、北朝鮮の核・ミサイル開発など、日本を取り巻く安全保障環境の激変を受けて、現実的な方針転換をしたのか、生き残りのための目くらましなのか。

「(日本学術会議が2017年に公表した『科学者は軍事研究を行わない』という)『声明』は、デュアルユースのような安全保障に資する研究を、一律に禁止する趣旨のものではございません」

日本学術会議の事務方トップ、三上明輝事務局長は4月26日、参院内閣委員会で、自民党の有村治子参院議員から防衛研究や軍民両用技術への見解を聞かれ、こう答弁した。

自民党の有村議員は、日本学術会議の問題に切り込んだ
自民党の有村議員は、日本学術会議の問題に切り込んだ

有村氏は「日本学術会議が、安全保障に資する研究や、デュアルユースの研究を否定しないことが明確になった」と、夕刊フジの取材に語った。

安全保障論が専門であるある研究者も「日本学術会議として『科学者の軍事・防衛研究を否定しない』と公言したのなら、大転換とも言える重みがある」と証言した。

どういうことなのか。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. プーチン大統領周辺でまた…謎の拳銃〝自殺未遂〟 「核のカバン」を運ぶ大佐、20年以上の責任者 オリガルヒ類似 「健康不安説を握る人物か」識者

  2. ハリセンボン・はるか大喜利でブレークなるか 「IPPON女子グランプリ」で名回答連発! 「松本人志が得点入れ忘れるほどウケたのは衝撃」演劇関係者

  3. 【2022年夏・参院選】「エネルギー」最大争点に 「サハリン2」の衝撃でリスク再認識 プーチン氏が日本勢排除の大統領令に署名 主要9党の政策に注目

  4. 【日本の解き方】与党の「消費減税で年金カット」発言は国民に対する恫喝そのものだ 消費減退という指摘も的外れ

  5. 【艶グラドル】MIYABIの趣味はビキニ集め 「ショーツは必ず面積の狭いTバックかブラジリアン」ヒップラインに自信あり!

  6. 「こんなこと放送してええやつか?」千鳥・大悟、芸人仲間から〝スキャンダル砲〟 セクシー女優から「素敵な思い出をありがとう」伝言も

  7. 【ニュースの核心】支持率急落の岸田内閣 国民に「何もしない」本質を見抜かれたか 節電ポイント、核共有議論…その場しのぎの弥縫策で火傷の可能性

  8. 日大「N・N」改革に旧田中派の壁 林真理子氏が新理事長に就任 「問題の本質は独裁体制を許した周囲に」識者

  9. 【沖縄が危ない!】50年前と同じ見出し…本土との分断煽るような沖縄の主要紙 いまだに米軍基地負担に苦しんでいることのみに焦点

  10. 【大前研一のニュース時評】シャープ会長を退任した戴正呉氏の3つのメッセージ 「逃げてはいけない」「早く泳ぐ魚に」「日本の宝」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ