美しく回り続ける精密独楽セットのラインナップを拡充しました1/1ページ

ボールペンの先などの不安定な場所でも回転し、持続力に優れた「Yenspin(エンスピン)」
ボールペンの先などの不安定な場所でも回転し、持続力に優れた「Yenspin(エンスピン)」

昨年の発売以降、累計販売数が間もなく1000セットを超える大ヒット商品となった「ミツミ製作所 町工場が作った精密独楽(こま)セット」。

この度、お客様のご要望に応えて、今まで取り扱いがなかった組み合わせのセットを追加販売することとなりました。


追加販売するのは

・「YenSpin(エンスピン)と「YenSpin専用スタンド」の2点セット(4,928円)

・「Yenspin」と定番カラーに追加された「YenSpinブラック」の2点セット(5,500円)

・「Yenspin」「YenSpinブラック」の2色セットに「YenSpin専用スタンド」が付いた3点セット(7,678円)

・「YenSpinブラック」、「ご縁独楽」、「YenSpin専用スタンド」の3点セット(5,940円

の4セットとなります。


「Yenspin」はジャイロ効果(物体が自転運動をすると姿勢を乱されにくくなる現象)でバランスを保ち、不安定なボールペンの先などでも回転を保つ持続力に優れた独楽です。

通常の独楽と異なり、軸とボディが独立しています。そのため、軸を掴んで手で回転力を与えても回りません。

ボディを擦るように回転させることでボディの遠心力によって、軸がブレずに回り続ける仕組みで、各パーツが独立したことで驚異的な回転の持続性とバランス力を発揮しています。

回転をスムーズにし、摩擦の強い場所でも長時間回転し続けられるように、内部にはベアリングを使用しています。日本のベアリング技術は世界一とも言われていますが、エンスピンにはトップメーカーの1つであるNSKマイクロプレシジョン製のものを採用しています。

ボディはミクロン単位での精密さが要求され、それに応えたのが自動旋盤による金属の切削加工を行う東京都葛飾区の老舗町工場「ミツミ製作所」です。寸分に違わない精密なボディを作り上げることで、ベアリングとの相性も抜群。この2つの技術を組み合わせて作り上げられた独楽は、ほかに類を見ないスペックに仕上がっています。


「YenSpin専用スタンド」も旋盤工場で生産されており、YenSpinの形状に合わせて設計し、削り出されています。

中央のくぼみの上でYenSpinを回して遊べるようになっており、斜めに回しても、自力で起き上がる力が働くので次第に安定し、長く回ります。

長く回ったあとは昔ながらの仕掛け独楽同様に、最後は落ちずにスタンド上に止まるようになっています。

また、裏面には収納用の穴が開いており、YenSpinを収納することができます。スタンドに収納すると、まるで美しい金属のオブジェクトのようでインテリアとしても活躍してくれそうです。

昔から縁起物とされる独楽に「ご縁」と「五円」のシャレをかけあわせて企画されたのが「ご縁独楽」です。こちらもミツミ製作所の精密な削り出しにより、五円玉を上に重ねると回転時間が伸びるようになっています。また、先端の形状にもこだわり、五円玉の穴の中でも回せます。

ますますご縁がめぐり回り、仕事や学業のすべてがうまく回りますようにという願いも込めた、贈り物にもおすすめなアイテムです。


美しく回る金属の独楽は、時間を忘れて見入ってしまう…。一般的な独楽とは全く異なるこの精密独楽をぜひ一度体験してみてください。


価格はすべて税込み、5,000円以上の購入で送料無料(5,000円未満は送料一律500円)。価格や仕様などの情報はすべて掲載時のものです。産経ネットショップのご利用が初めての方が新規会員登録をすると、5000円以上のお買い物で使える500円オフクーポンが貰えるのでお得になります。<産経ネットショップ>

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  3. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  4. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  5. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  6. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  7. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  8. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  9. 機材トラブルがNHK紅白に暗雲呼ぶ!? 〝前哨戦〟音楽番組でVTR10秒フリーズの放送事故 目玉企画・中森明菜の出演交渉も難航か

  10. 【日本の元気 山根一眞】実現可能!?米国で研究進む「蚊型ドローン」の脅威 極小カメラ搭載、標的の血を持ち帰ることでDNA鑑定も可能

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ