楽天9年ぶりV奪還は田中将大次第か 「結果が出れば自然と後輩もついてくる」と球団関係者1/1ページ

田中将は7回に逆転を許し降板した=17日、ZOZOマリン
田中将は7回に逆転を許し降板した=17日、ZOZOマリン

楽天・田中将大投手(33)が17日のロッテ戦(ZOZOマリン)で7回途中、今季ワーストの6失点(自責5)でKOされ、リードを守り切れず2敗目(4勝)を喫した。

味方が2回に先制するも3回、中村奨の同点適時打で追いつかれ、連続無失点は22イニングで止まった。6回まで最少失点で踏みとどまるも3―1の7回、岡にソロアーチを被弾。中村奨、佐藤都の連続適時打など一挙5点を奪われ逆転を許した。

石井監督は「不運な当たりで流れをつくられてしまった」とかばったが、田中本人は「最後、我慢しきれなかった。(内容は)何もよくなかった」と肩を落とした。

10日の同カードでは日本球界復帰後初の4安打完封勝利でチームの11連勝を支えたが、リーグトップだった防御率も6位の1・89に後退。それでもチームからの信頼は揺るぎない。

米大リーグから8年ぶりに電撃復帰した昨季はわずか4勝止まり。自らの希望で始めた公式YouTubeチャンネルでは自身の投球を解説しファンとの距離を縮めようと努力した一方で、チーム関係者の間では「マー君がハンドリングできない…」との声も挙がっていた。中心選手として球団初の日本一を経験した仲間も銀次、辛島など数名しか残っておらず「四面楚歌(そか)に陥りかけていた」の証言もある。

もともと人見知りなところがあり、環境に慣れるまで時間がかかるタイプではあるが、今年は昨年のようなことは減っている。球団関係者は「現時点ですでに去年と同じ4勝を挙げたけど、結果が出れば自然と後輩もついてくるし何より場が引き締まるよ」。2013年は24勝0敗1セーブでチームを牽引(けんいん)したが、勝ち星を積み重ねれば、9年ぶりV奪還実現はおのずと見えてくる。 (山戸英州)

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 3代目ミス夕刊フジ子・奥村美香のDVD「優しい雨」が発売中 癒やし系フェロモン振りまき、セクシーポーズ披露

  2. 【2022年夏・参院選】引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超

  3. 【アイドルSEXY列伝】樹まり子 3本だけで引退するつもりが…「お願いされると断れない」救いの女神 ギャラの総額を聞いて驚愕

  4. 三井・三菱出資のサハリン2〝強奪〟プーチン大統領が強硬手段 日本のLNG需要量9% 「参院選の混乱狙い…中国や北朝鮮に提供か」

  5. 黒海要衝の島奪還 ウクライナ、ミサイル攻撃でロシア軍撤退 「解放された」ゼレンスキー大統領、輸出再開への足掛かりに

  6. 秋山翔吾のカープ入りは大正解! 注目度は羽生結弦に匹敵!? 在広テレビ全局が入団会見中継 「期待の高さは長野さんより上」球団関係者

  7. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】中国調査船に対応できない日本の国益とは 好き勝手に暴走、中露への対応に米国はイライラしている

  8. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  9. 韓国の大手財閥「現代自動車グループ」むしばむ帝国主義労組 600億ドル規模の対米投資に労使協約に反すると猛反発

  10. 年金改革は政治家の“嘘の歴史” 失敗に終わった小泉政権が掲げた「100年安心」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ