「エースで主砲」日体大・矢沢宏太が提示する〝新たな二刀流像〟 今秋ドラフトの目玉 侍ジャパン・栗山監督「ワクワクさせてくれる」1/3ページ

日体大・矢沢宏太投手
日体大・矢沢宏太投手

今秋ドラフトの目玉、日体大の二刀流・矢沢宏太投手(21)が春の首都大学リーグを終えた。14日は侍ジャパンの栗山英樹監督(61)が視察する中、先発マウンドに上がり、自己最速に並ぶ150キロをマーク。ポテンシャルの高さを見せつけた。米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(27)以来となる「投打でドラフト1位」を目指す逸材。大谷とはタイプの違う身長173センチの二刀流が新時代を切り開けるか。 (片岡将)

自己最速150キロ

今春の矢沢は野手として11試合出場で打率・350、1本塁打、8打点。投手で7試合に登板し、4勝2敗で防御率1・83だった。

藤嶺藤沢高時代から本格派左腕であると同時に俊足と長打力のある打撃で注目を集め、日体大でも昨秋リーグ戦から二刀流で本格デビューした。

14日に春季リーグ戦最終登板を6回4失点(3自責)で終え、「今週は1週間空いたので練習で追い込んで負荷は掛かっている。リーグ最終盤になって開幕と比べたらフレッシュな状態ではないので、パフォーマンスも落ちているなという実感もあります。もっと練習を重ねてシーズンを通していいパフォーマンスをしていきたいと思っている」と冷静に自己分析。

15日の帝京大戦(等々力)は「2番・DH」で打者に専念し、5打数2安打1打点だった。

コロナ禍で中止となった3月の侍ジャパン強化試合・台湾代表戦にアマ球界から異例の〝飛び級〟選出され〝全国デビュー〟する予定だった。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】京都選挙区で福山氏VS前原氏、かつての〝盟友〟が火花! 旧民主党&松下政経塾の先輩後輩がなぜ 両氏を直撃取材

  2. 元「KAT―TUN」田中聖容疑者を逮捕 覚醒剤所持

  3. 元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」

  4. 猛暑で警戒「スマホ熱中症」 高温下の利用で端末に異常、故障や発火も 急な冷却NG、対処法は「10円玉」!?

  5. 【2022年夏・参院選】山形選挙区、自民と国民〝ドタバタ劇〟の後遺症は? 自民選対委員長のおひざ元 「山形方式」も足並み乱れ大内氏に好機

  6. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  7. コロナで死亡した人の多くは「敗血症」 早期認識と治療で重症化を防ぐ

  8. 【艶グラドル】志田音々、マングローブ林で〝最大露出〟 気象予報士を目指しながらタレント活動

  9. 「数百億円」男・佐々木朗希でロッテ観客動員増、広告効果大! 球団マーケティングで「ライト層」「若年層」増加が顕著

  10. 【2022年夏・参院選】大激戦の12選挙区、大物苦杯も!? 大阪は自民・松川氏と維新・高木氏、浅田氏が拮抗 東京は立憲・蓮舫氏のトップ当選は厳しい

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ