いま田中角栄あらば…

最大の「国難」は破綻状態にある財政 経済成長には東京一極政治の排除 都道府県を解組し、8地方に統合した「道州制」視野1/2ページ

田中角栄は、経済・財政運営に自信を持っていた
田中角栄は、経済・財政運営に自信を持っていた

この国の現在の最大の「国難」は、破綻状態にあると言ってもいい財政である。2021年度末時点での「国の借金」(長期債務)は、実に1000兆円を超えた。国民一人あたり1000万円近い借金を抱えている勘定になる。

対コロナ対策への巨額支出のほか、少子高齢化が拍車をかける中での、医療、介護などの社会保障費の増加で国債発行額が増え、全体を押し上げたことに他ならない。

こうしたことに加え、今後、ロシアによるウクライナ侵攻が終結を向かえた場合、わが国は米国、NATO(北大西洋条約機構)諸国などとともに、戦後のウクライナの復旧、復興へ向けての応分の資金拠出を覚悟しなければならなくなる。

過般の世界銀行の会議では、ウクライナの建物やインフラの直接的被害額に、輸入激減などの間接的影響を加味しての被害額は、同国のGDP(国内総生産)の3倍以上に相当し、実に5600億ドルを超えるとの見方が出た。この戦争が長期にわたった場合は、わが国の応分の負担はさらに過重なものになることは言うまでもない。財政はいよいよ土俵際だということである。

政府は2025年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化させる財政健全化目標を掲げているが、財務省内から「とてもムリ」という声が聞こえてくる。

こうした喫緊の課題を、経済・財政運営に自信を持っていた角栄なら、果たしてどう乗り越えようとしただろうか。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 韓国政府の魂胆は!? 徴用工めぐり〝30億円新基金〟設立案が浮上 解決済み問題を蒸し返す動きか 「日本側が協力する必要はない」識者

  2. 【2022年夏・参院選】京都選挙区で福山氏VS前原氏、かつての〝盟友〟が火花! 旧民主党&松下政経塾の先輩後輩がなぜ 両氏を直撃取材

  3. 元「KAT―TUN」田中聖容疑者を逮捕 覚醒剤所持

  4. 【松井一郎 維新伝心】「煮え切らない態度」で岸田内閣の支持率急落 「節電ポイント」は〝愚策〟と言うしかない 令和の構造改革断行を

  5. 【アイドルSEXY列伝】あいだもも 掲載順を知らずに事務所から猛抗議、古くから存在していた〝情報解禁〟という制度

  6. 元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」

  7. 「冷戦時代の遺物」プーチン大統領、NATOを恫喝 北欧2国に軍事施設なら対抗措置 新たな戦略概念に「何の新しさもない」

  8. エンゼルス大谷の球宴ライバルが負傷退場 ホームランダービーへの参加も期待 「光栄なことなので前向きに考えたいと思う」

  9. 吉川議員にボーナス286万1358円支給 18歳と飲酒疑惑、いまだ説明なく 維新・松井氏「腹が立って仕方がない」

  10. 韓国の大手財閥「現代自動車グループ」むしばむ帝国主義労組 600億ドル規模の対米投資に労使協約に反すると猛反発

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ