日本の解き方

バイデン政権提唱のIPEF TPPの代替にはならないが、対中包囲網強化は期待できる1/2ページ

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を脱退した米国が、新たに「インド太平洋経済枠組み」(IPEF)を提唱している。

この枠組みについて、政府は「米国のインド太平洋地域への積極的なコミットメントを示すもので歓迎する」としている。

IPEFは、バイデン政権が国内の反発が根強いTPPの代わりに打ち出した。日本や東南アジアの国々と連携して中国に対抗する経済圏づくりの枠組みで、バイデン大統領が来日する5月下旬に発足する見込みだ。

いわば、TPPに復帰できない米国が代わりに苦肉の策として考え出した経済枠組みだ。

IPEF構想について注目すべき点は、議会の承認プロセスを経ない枠組みだ。

その背景には、「大統領貿易促進権限(TPA)」が2021年7月に失効したことが影響している。

米国が他国と貿易協定を締結するにはTPAが不可欠だ。逆にいえば、TPAなしで、政権が交渉・妥結した協定を作ったとしても、議会の裏付けがないので実効性があるとはいえない。例えば、各種協定では関税の引き下げは必須項目であるが、議会の承認がなければ、関税の引き下げを盛り込むことはできないだろう。そもそも議会の承認がないなら、中身次第ではあるが、従来の協定のようにどこまで法的な拘束力があるのかどうかすら問題である。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  4. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  5. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  6. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  7. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  8. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

  9. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

  10. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ