ベストセラー健康法

「ねこ背伸ばし」の効用は老化防止だけじゃない! 『きれいな姿勢に生まれ変わる ねこ背伸ばし』1/3ページ

『きれいな姿勢に生まれ変わる ねこ背伸ばし』書影
『きれいな姿勢に生まれ変わる ねこ背伸ばし』書影

男女共通して「実年齢よりも老けて見える人」に共通する要因はいくつかある。毛量や毛の色、顔のシワやシミ、そして姿勢―。この中で唯一、自分の努力次第で克服できるのが「姿勢」だ。特に「ねこ背」は、見た目の問題に留まらず、健康面で様々なリスクを高めることがわかっている。改善は可能なのか。

ねこ背の人が陥りやすい問題は数多い。肩や首のこり、頭や背中、腰の痛み、内臓圧迫による内臓の機能低下、自律神経のバランスの乱れ、見た目の老化など。そして、コロナ禍のいま、ねこ背になる人が増え続けているというのだ。

原因は、座りっぱなし、スマホやパソコン操作による姿勢の悪化、そして運動不足など。この記事を読んでいるあなたの背中も曲がっているのではないだろうか。

人に言われて、あるいは自分で気づいて、姿勢を正しても、長くは続かない。気付くと元のねこの背中…。そんな人に向けて書かれた一冊が、『きれいな姿勢に生まれ変わる ねこ背伸ばし』(アスコム刊)。著者の片平悦子氏は、5万を超える症例を診てきた整体師である。

片平悦子氏

パソコン作業中に自身が感じた背中と腰の痛みをきっかけに発見した快適な椅子の座り方、そしてねこ背改善のストレッチ法を惜しみなく開陳している。

たとえば、パソコン作業の際にねこ背を治す座り方は、3つのコツを実践するだけでいい。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【2022年夏・参院選】全選挙区122人「女の戦い」 猛追する東京・海老沢氏 踏ん張る大阪・松川氏 知名度で自民に追いつくか愛媛・高見氏 政治ジャーナリスト分析

  2. AV新法成立でも終わらぬ議論 知識人4人が考える「AVの今と未来」

  3. 【芸能ニュース舞台裏】歌えるうちに辞める加山雄三、活動休止の波紋 スタッフは新たな「職場」探しに…サザンのライブが業界全体を活性化へ

  4. パドレス退団の秋山翔吾、古巣の西武には戻りづらい? 「自分が戻ることで、面白くないと思う人がいるんじゃないか」

  5. 【大前研一のニュース時評】NTTグループの画期的な働き方の新制度 勤務場所は原則自宅、本社に呼ばれたら出張扱い

  6. 【勝負師たちの系譜】棋士や将棋界のことを知りたい「知る将」のための一冊 それぞれのファンに向けた著書続々

  7. 【保守とリベラル】参院選後、岸田首相への注文 世論に過度に迎合することなく抜本的改革を! 憲法改正、外交で安倍元首相の活用も

  8. 【メジャーの旅】陽岱鋼、米独立リーグで野球を楽しむ 本人いわく「ゼロからのスタート」も あふれる笑顔の野球少年に

  9. 【日本の解き方】ロシアのウクライナ侵攻が「終結」するシナリオはあるのか 甘受せざるを得なくなる米国の支援次第という現実

  10. 【するりベント酒】威張ってない、偉そうにしてない…新潟の弁当は期待以上においしかった! 「五目釜めし弁当」

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ